2010年10月11日 江戸川区球場

二松学舎大付vs片倉

2010年秋の大会 秋季東京都高等学校野球大会本大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鈴木誠君(二松学舎大付)

二松学舎鈴木誠投手快で片倉を1安打完封

 二松学舎大附の1年生エース鈴木 誠也君が、ほぼ完璧に近い投球で片倉を完封した。

7イニングを投げて、被安打1、与死球1、打者18人に対して7奪三振で、残塁も一つのみ。二塁ベースを踏ませることもなかった。1回戦に比べて、見違えるような制球で、そのことによって力みが消えてリラックスでき、それが本来の球の伸びをもたらした好循環になったともいえる内容だった。

 1回戦では8四死球という荒れ気味の投球内容だった鈴木君に対して、市原勝人監督は「投球のバランスが崩れていたから」という判断を下した。その結果、本人に対して、投げないで調整する状況を作った。

そして、「どうしても投げたい」という投球に対する飢餓感をもたらすことによって、鈴木君本人ももう一度自分のフォームを見つめ直しながら、バランスを取り戻すことができて制球もよくなったのだ。コントロールがよくなれば、不用意な力味もなくなり、スムーズに腕が振れて球の伸びを作っていくことになる。

  スラリとした感じに見えるが、180cmで80kgあるのは筋肉の質がいいということもいえるだろう。聞けば、50m走でも6秒を切るくらいの脚力があるということで、身体能力の高さもある。野球センスも高いのは打順でも五番に入っており、この日は無安打ではあったものの、4回の3打席目にはあわやホームランかというような大きな中飛を放っていた。見た目以上に下半身の安定性があるという印象である。二松学舎大附には背番号18の古谷君という185㎝の投手もおり、投手陣の層は厚そうだ。

 投手陣が安定すれば、上へ進出していかれるかどうかは打線次第ということになる。この日の二松学舎大附は初回に2死三塁で四番山岸君の右前打で先制すると、2回には江川君の中前打から始まって、一番関根君の右中間二塁打などで右下手投げの後藤君を攻略。さらに代わった星野君に対しても襲いかかり、3回にも3点を奪って完全に主導権を奪った。

【次のページ】 二松学舎大付vs片倉(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
きっかけは鈴木誠也選手 スタッドソールスパイク「JAPAN SPEED」の開発秘話 アシックスジャパン河本勇真さん 【ニュース - パートナー情報】
プロ野球界に広がる「スタッドソールスパイク」の波 その効果を一流選手3名が証言 【ニュース - 高校野球関連】
第966回 【秋季東京都大会一次予選展望】日大豊山と東海大高輪台が初戦で激突!第21ブロックAは激戦区に【大会展望・総括コラム】
都立片倉vs高崎商【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第948回 【東東京大会総括】役者の揃っていた関東一が3年ぶりの甲子園へ!都立校や好投手の出現も際立った【大会展望・総括コラム】
都立東村山西vs都立片倉【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第935回 【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
東海大菅生vs二松学舎大附【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
国士舘vs都立片倉【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
二松学舎大附vs都立東大和【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第937回 野球センスと思考力の高さを秘めた東京都屈指のアスリートプレーヤー柳本康希(都立片倉) 【2019年インタビュー】
第858回 意識付けの変化が同点打を生む!第5戦は本領発揮だ!野村 昇大郎(二松学舎大附) 【2018年インタビュー】
第802回 冬場の鍛錬と開き直りが成長に繋がる 草薙柊太(国士舘高)【前編】 【2018年インタビュー】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第476回 二松学舎大学附属高等学校 永井 敦士選手「潜在能力は鈴木 誠也級!?最終学年は勝負強い4番を目指す」 【2016年インタビュー】
都立片倉 【高校別データ】
二松学舎大附 【高校別データ】
秋季東京都大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る