2010年10月09日 神宮第二球場

都立昭和vs都立葛飾野

2010年秋の大会 秋季東京都本大会 2回戦

一覧へ戻る

都立昭和 飯島

投打に安定、都立昭和が快勝

都立昭和が投打に安定した試合運びで都立葛飾野に勝利した。

都立昭和は2回表に5番桐越がライト前ヒットで出塁し、6番宇都宮が死球で無死1、2塁とすると、ここで7番辻の送りバントで1死2、3塁とチャンスを広げる。
そして1年生の8番橋本の走者一掃のタイムリーで2点を先制した。
更に続く1死1塁から9番飯島がさらに送りバントで2死2塁とし、1番吉岡がセンターオーバーのタイムリーを放ち、3点目が入った。

3回表も2死から5番桐越がライト線へツーベースヒットを放つと、次の宇都宮の当りでレフトにエラーが出た間にホームに生還した。
5回表には内野安打と死球で1死1、2塁となったところで7番辻のタイムリーでさらに1点を追加した。

5回までに都立昭和は5対0とリードしていたが、さらに都立葛飾野を引き離したのが6回の攻撃。

9番飯島の打球は右中間を破り、外野がもたついている間に一気に三塁を落とした。これを1番吉岡のタイムリーで帰すと、2死から4番大河原・5番桐越・6番宇都宮の3連打でさらに2点を追加し8点目を入れた。

都立昭和は先発の飯島は初回の満塁のピンチを切り抜けた後は都立葛飾野の打線を打たせて取り、6回までを無失点に抑える好投。
守備もライナーゲッツー2つと飯島を盛り立てた。
最終回となった7回。奥村がマウンドに上がり、四球を1つ出したものの他3人をしっかり抑えてコールドで都立葛飾野を下した。

勝利した都立昭和都立国立と10日に江戸川区球場で対戦予定。

(文=高校野球情報.com編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。