白熱のライバル対決!エース・日當の投打の活躍と門間の好守で東海大菅生が決勝進出



東海大菅生・日當 直喜

<秋季東京都高校野球大会:東海大菅生3-2日大三>◇12日◇準決勝◇神宮

 日大三東海大菅生は、昨年の秋から3大会続けて対戦し、いずれも日大三が勝っている。東海大菅生の若林弘泰監督は「勝ち進めば日大三と試合ができるという意識でやってきました」と語る。そして迎えた4大会連続の対戦は、ライバル対決らしい白熱の好ゲームになった。

 この大会、日大三安田 虎汰郎投手(2年)、東海大菅生日當 直喜投手(2年)という両エースの好投に、野手も好プレーを見せて勝ち進んできた。その一方で、打線は今一つ精彩を欠いている。準々決勝は両チーム延長戦を制したが、この試合は打線を組み替えてきた。日大三は準々決勝で決勝打を打った池内 仁海外野手(2年)を6番から5番に上げ、打撃不振の1番・森山 太陽内野手(2年)を7番に下げた。東海大菅生は、やはり準々決勝で決勝打を打った大舛 凌央内野手(2年)を7番から2番に上げた。

 1回表、東海大菅生は2番に上がった大舛が二塁打を放ち、5番・酒井 駿輔外野手(2年)の右前安打で本塁を突いたが、これは日大三の好守に阻まれて得点できなかった。それでも東海大菅生は、3回表に3番・北島 蒼大捕手(2年)、4番・新井 瑛喜内野手(2年)、5番・酒井の3者連続安打に、6番・門間 丈内野手(2年)の左犠飛で1点を先制する。

 その裏、日大三は、2死二塁から5番に上がった池内がライナー性の本塁打をレフトに放ち逆転する。この大会で池内はラッキーボーイ的な存在で、打線に活力をもたらしている。

 逆転された東海大菅生だが4回表に、この試合スタメン起用された8番・大島 渉内野手(2年)が左前安打を放ち、犠打、内野ゴロに暴投で生還し、同点に追いつく。

 ここからは両チームの粘り合いになる。5回裏、日大三は1番・佐々木 純太郎外野手(2年)が振り逃げ、2番・古賀 也真人内野手(2年)が左前安打と、新オーダーでチャンスをつかむが、東海大菅生の強肩の捕手・北島が二塁走者を刺して、ピンチを逃れる。

 東海大菅生の日當は本来の調子ではないものの、長身から球威のある球を投げて抑えれば、日大三の安田は、球威はそれほどないものの、変化球を駆使した丁寧な投球で東海大菅生を抑える。

 8回表、東海大菅生の攻撃も2死。ここで7番・高橋 玄樹外野手(2年)を四球で歩かせる。2死とはいえ、下位打線への四死球は試合の流れに影響する。8番・大島渉が左前安打で続き、9番・日當の「たまたま当たった」という打球は左前安打になり東海大菅生が勝ち越した。

 その裏、日大三は4番・岡村 颯大内野手(2年)の内野安打、5番・池内の四球で無死一、二塁のチャンスをつかむ。しかし6番・髙村 大輔外野手(2年)はバントで走者を送ることができず同点に追いつけない。しかし、9回裏は、1死後、1番・佐々木、2番・古賀の連打で1死一、二塁のチャンスをつかむ。ここで3番・二宮 士内野手(2年)が三遊間に鋭い打球を放つ。レフトへ抜けるかという打球であったが、遊撃手の門間が逆シングルで好捕。素早く二塁へ送球して併殺打となり試合終了。3対2で東海大菅生が逃げ切った。門間について若林監督は、「守備はピカ一です。守備ならこの夏も使いたいと思うくらい良いです」と語る。日大三の小倉全由監督も「向こうのショートが良いプレーをしました」と、相手を称えた。この秋のドラフトで中日6位に指名された田中 幹也内野手(東海大菅生ー亜細亜大)から続く、東海大菅生の名遊撃手の系譜が、最後にチームを救った形だ。

 敗れた日大三のエース・安田は、号泣して悔しさをかみしめながら、「土壇場で踏ん張り切れませんでした」と語った。秋に味わった悔しさは、冬場の練習のモチベーションになる。これからまだ強くなるチームだ。

 勝った東海大菅生は二松学舎大学附と優勝をかけて対戦する。二松学舎大学附の市原勝人監督も東海大菅生の若林弘泰監督も投手出身だけに投手起用が注目されるが、連投になる日當について若林監督は「体力はある」と語る。決勝戦もやはり、日當が勝敗のカギを握ることになりそうだ。

(記事=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。