日大三、主将の二宮が突破口を開いて修徳の好投手・篠﨑を攻略し8強進出



日大三の主将・二宮士

<秋季東京都高校野球大会:日大三6-1修徳>◇23日◇3回戦◇スリーボンドスタジアム八王子

 192センチの大型右腕である修徳篠﨑 国忠投手(2年)は、プロ注目の東京を代表する好投手。日大三打線が篠﨑にどう対応するかが注目された一戦は、主将の二宮 士内野手(2年)らの活躍で、日大三が圧勝した。

 序盤の3回、日大三は単打を2本打ったものの、修徳の篠﨑にうまく打たされた感じで、得点できない。

 修徳は3回裏に1死後、8番・石川 航大外野手(1年)が二塁打を放ち、先にチャンスを作る。しかしここは、日大三の先発・安田 虎汰郎投手(2年)が踏ん張り、0対0で4回表の日大三の攻撃を迎える。この回の先頭は主将で3番打者の二宮。「どんな形でもいいから塁に出たいと思いました」と語る二宮は、しっかり粘って二塁打を放つ。やっと迎えたチャンスで日大三は、4番・岡村 颯大内野手(2年)が送りバントをする。一塁側に転がった打球を篠﨑が捕って一塁に投げたが、これが暴投になり、二宮が生還して日大三が先取点を挙げ、岡村は三塁に進んだ。

 思わぬ形で長身の篠﨑の脆さが露呈した形だが、「フィールディングは良くなっていますが、実力になっていない。以前なら、バントをされると、追いつけなかったです」と修徳の荒井髙志監督は語る。

 なお、三塁に進んだ岡村は、5番・佐々木 純太郎外野手(2年)の二ゴロで生還し、この回2点を入れた。

 5回表は1死二塁から2番・古賀 也真人内野手(2年)の三塁打で1点を追加した後、3番・二宮は左中間に大きな打球。外野フェンスを直撃し、跳ね返った打球が外野を転々とする間に二宮は一気に生還し、ランニング本塁打となった。「セカンドベースを回ったところで、ホームに行けると思いました」と、二宮は言う。

 修徳は6回裏に二塁打を放った石川を、2番・萩原 陸翔内野手(2年)が中犠飛で還したが、得点はこの1点止まり。日大三は9回表にも二宮の右前適時打で1点を追加して勝利をより確実にした。

 好投手の篠﨑を一気に攻略したあたりは、さすが試合巧者の日大三といったところであったが、小倉全由監督は、序盤の攻撃を課題として挙げ、「(1番打者の)森山には、塁に出ることを意識しないとだめだ、と言っています」と語る。1番の森山 太陽内野手(2年)から当たっている二宮、岡村へとつながっていけば、攻撃力は一層アップする。そこが日大三の課題であり、今後もっと強くなる可能性だと思う。準々決勝は、夏の西東京大会に続いて桜美林と対戦する。

 一方、敗れた修徳であるが、篠﨑が大型投手としての威力の片鱗はみせた。ただ、自らのエラーから傷口を広げただけに、篠﨑は、「牽制やフィールディングなど、投げること以外のことの大切さを感じました」と語る。これは公式戦だから得ることができる貴重な経験になるはずで、今後の成長の糧としてほしい。

(記事=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。