元シニア日本代表に1発 國學院久我山の1年生4番・原が3打点と大暴れ



ダイヤモンドを回る國學院久我山・原 隆太朗

<秋季高校野球東京都大会:國學院久我山14-1都立王子総合(5回コールド)>◇16日◇2回戦◇八王子

 2021年の秋季東京都大会に続いて、優勝を狙う國學院久我山が、都立王子総合との2回戦を14対1の5回コールドで突破した。

 15安打14得点の猛攻を見せた打線に対して、指揮官・尾崎監督は「低い打球をセンター返しする。基本に忠実な攻撃をしてくれたので、打線になったと思います」と結果だけではなく、内容も含めて攻撃陣に称賛の声を送った。

 尾崎監督の言う通り、各打者のスイングの形も良かった。なかでも目に留まったのは、4番・原 隆太朗内野手(1年)の打撃だ。

 4打数3安打3打点の活躍。4回の第3打席には右翼席にライナー性の打球で運ぶホームランを放ち、球場に駆け付けた観客を沸かせた。

 中学時代は日野シニアで通算14本塁打。シニア日本代表にも選出され、その時のチームメートで、二松学舎大附に進学した五十嵐 将斗内野手(1年)はライバルとして見ているという。

 この試合で高校通算2本目と多くないが、どちらも公式戦で記録している。9月の1次予選中は「あまり調子が良くなかった」と納得できるスイングはできていなかったが、本大会までの期間中にフォームの改善ができたことで、調子を取り戻した。

「下半身の使い方に無駄があったので、ハの字に開いて重心を落とし、股割した状態でステップをせずに、そのまま素振りをしました。これで体に軸ができて突っ込む動作が改善されましたし、下半身を使ったスイングができるので、上半身は自然に回るようになりました」

 都立王子総合戦で見せたホームランも「頭の位置がぶれることなくスイングすることができたので、ホームランを打てました」と修正してきたことが成果として出てきた。1年生ながら高い技術はもちろん、172センチ、80キロの体格もあり、4番に置くのも納得の逸材だ。

(記事=編集部)