世田谷学園先発の二見純太が9回2失点の完投、打っても逆転打を含む4打数2安打の2打点の活躍!強豪・関東一は2回戦で姿を消す



勝利を喜び合う世田谷学園

<秋季高校野球大会東京都大会:世田谷学園3-2関東一>◇16日◇2回戦◇立川公園

 16日、立川市立川公園球場の第二試合では、初戦の都立立川戦を5回コールド10-0で破った強豪・関東一と、延長11回という激闘の末勝ち抜いた世田谷学園がベスト16をかけて激闘を繰り広げた。結果は、世田谷学園が先発の二見純太(2年)が投打に活躍し3-2の逆転勝利を収め、強豪・関東一は2回戦で姿を消すことになった。

 初回、関東一は先発の左腕・畠中鉄心(1年)が一死1,3塁のピンチを招くも三振とセカンドライナーでなんとか切り抜ける。

 その裏、先頭の西川瞬(2年)がレフトへ安打を放ち塁に出ると、夏の大会を経験していた3番衛藤冴仁(2年)が「真っ直ぐ狙いだったが、反応で打てた」とインコースのスライダーを強く振り抜いて特大の本塁打をレフトスタンドに放つ。

 試合の主導権を握った関東一は、3回には三者連続三振を奪うなど先発の畠中が落ち着きを取り戻しチームに勢いをもたらす。4回、5番二見純太に本塁打を打たれたものの、粘りの投球で世田谷学園打線を6回1失点に抑える。

 しかし、世田谷学園は終盤に強さを見せる。7回表の攻撃、先頭の6番山崎大雅が四球で出塁すると7番小沼寛太がきっちりとバントを決め一死2塁とする。8番石橋泰正が初球から強く振り抜いた打球はセカンド西川の失策を誘い、センターに打球が転がる間にランナーが生還して同点に追いつく。

 さらに8回、第二打席に本塁打を放った5番二見の打席、初球一塁走者の井波晃大が盗塁し二死2塁にチャンスを広げると、2球目を強く弾き返したライナー性の打球は右中間を破る逆転の適時三塁打となった。

 8回裏、二死1,3塁のピンチを迎えたが6番高橋徹平をレフトフライに打ち取り同点のランナーを返さない。

 9回のマウンドにも上がった二見は、安打と四球で無死1,2塁と再びピンチを招くが、9番熊谷俊之助(1年)を空振り三振、1番西川をセンターフライに打ち取る。二死1,2塁で迎えた2番堀江泰折(1年)が初球を捉えて痛烈なゴロを放つも、ショートを守る小沼が好反応を見せて素早く2塁へ送球しゲームセット。3-2で世田谷学園が本大会のシード校・関東一を破った。

 試合後、金星を飾った世田谷学園の成瀬監督は「ロースコアに持ち込んで粘って勝利をすることが出来た。試合前から実力は格上であることは分かっていたが、チーム全員でできることをしっかりとすればいい試合になると思った」とチーム全員でつかみ取った勝利に喜びを見せた。それでも、「これが偶々になってはいけない。自信に変えて次戦や自大会に向けてほしい」と気持ちを引き締めた。

 9回2失点の完投を披露した先発の二見純太は、「格上の関東一に勝てて素直にうれしい。投球では3失点以内なら問題ないと言われていたので後ろに控える投手や守備を信じて投げ込めた。ストレートで押しながらスライダーとシュートを交えた理想の投球」と自身の投球に納得の表情を見せた。また、4回の本塁打と8回の逆転となる適時三塁打については「本塁打はインコースのストレートが少し甘く来たので上手く回転で打つことが出来た。適時三塁打では強いゴロを打とうという気持ちがライナー性のあたりとなってくれた」と語った。これまでの打撃では上半身、特に手だけで打つ癖があったようで、下半身の動きを強く意識して練習してきたと言う。

 次戦の早稲田実業戦に向けては「今日のように上手くいかないことも予想される。相手は強豪だが、ロースコアに持ち込んで今日のような勝利を掴みたい」と強く意気込んでくれた。世田谷学園が今大会のダークホースとなるかもしれない。

 一方、敗れた関東一の米澤監督は「やることはやり切ったので、まだまだ実力が足りないということ。最後のバントミスなどベンチワークも課題が多い」と試合を振り返った。先発の畠中については「よく頑張って投げてくれた。悔しい思いもあるだろうが、今日の経験を次に繋げてほしい」と評価した。先制本塁打を放った衛藤も「去年に比べて力が無い分みんなでコツコツと繋ぐ野球が自分たちの持ち味。それがまだ出来ていなかったのは力不足だから」と悔しさをにじませた。一冬を超えて理想の繋ぐ野球が出来るのか、関東一のこれからに期待したい。

(記事=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。