修徳 初回の猛攻と篠崎の好投で強豪対決を制し都大会出場決定



修徳 篠崎国忠

<秋季東京都高校野球大会1次予選:修徳7-3日大二>◇25日◇代表決定戦◇日大二グラウンド

 ともに強豪であり伝統校の日大二修徳が1次予選で激突した。修徳にはプロ注目の大型投手・篠﨑 国忠がいる。日大二としては、篠崎をいかに攻略するかが重要であるが、その前に、修徳にいかに得点を与えないかがポイントになる。しかし初回から修徳の猛攻にあった。

 日大二の先発は2年生のエース・室井大輝だったが、立ち上がりから乱れる。1回裏、修徳は1番・染田棟煌が四球で出塁し、2番・萩原 陸翔のバントがエラーになったところから、一気に崩れる。3番・齋藤純は四球で満塁となり、4番・逢坂拓未の右犠飛でまず1点。続く5番・齋藤紘の内野安打の間に萩原が生還。6番・八木 大地が四球で再度満塁になり、7番・島田尊弘が走者一掃の三塁打を放ち、さらに8番・石川 航大の右前安打で島田も生還。修徳は初回にいきなり6点を先制した。

 それでも、6点目が入ったところで室井に代わり登板した1年生の鈴木勝也が好投。修徳に追加点を許さず、コールドになりそうな試合の流れを変えた。「あそこから追加点が入らず、難しい展開でした」と、修徳の荒井髙志監督は言う。

 とはいえ、修徳の先発・篠崎の投球は圧巻だった。192センチと長身の篠崎は、球速は140キロに達していないものの、角度のある直球は球速以上の威力があるうえに、落差の異なる2種類のフォークボールを駆使して、日大二打線を抑える。

 けれども、日大二打線も初戦で好投手・御園 拓摩を要する都立雪谷に圧勝した強力打線。4回表には3番・黒須晴斗が三塁打を放ち、4番・崎山航輝の中前安打で1点を返す。崎山もバッテリーエラーなどで三塁に進み、途中出場の6番・渡辺大輔の右前安打でさらに1点を返した。この回の投球について篠崎は、「速い球でも、遅い球でもない中間球を打たれてしまいました」と語る。

 篠崎は速球でぐいぐいと押してくるタイプではない。「球速にはこだわりはありません。なるべく球数を少なくすることを意識しています」と篠崎は言う。4回は失点したものの、その後は安定した投球を取り戻し、日大二打線を抑える。

 2回以降は得点が入らなかった修徳であるが、7回裏、二塁打の5番・齋藤紘を6番・八木が還し貴重な追加点を挙げて試合を決めた。完投した篠崎は被安打5の失点3だった。投球数は118で、最後まで球威は衰えなかった。

 なお、篠崎の背番号は10。背番号1は1年前からともに修徳のマウンドを担っている横手投げの竹澤 尚輝が背負っている。荒井監督は、「2人とも10番です」と言う。それでも、篠崎、竹澤というレベルの高い2枚看板に、夏場鍛えた守備も安定している。都大会はノーシードだが、優勝争いに加わる潜在能力は十分あると思う。

 一方、敗れた日大二の田中吉樹監督は、「初回で決まってしまいました。これが、いまの精いっぱいです」と語った。コロナにより練習を制限され、練習試合も例年の半分くらいしかできなかったという。昨年は大半のチームがコロナの影響を受けて、練習や練習試合が制限された。この秋は、ほとんど制限なく準備ができたチームと、そうでないチームでかなり差があるようだ。それでも日大二は、都立雪谷の好投手・御園を打ち込むなど、力はあるチームだけに春以降の健闘を期待したい。

(記事=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。