日体大荏原が都大会切符!エース石井が9回3安打完封



<秋季東京都高校野球大会1次予選:日体大荏原7-0早大学院>◇17日◇代表決定戦◇日体大荏原グラウンド

 初回から試合は動いた。

 1回表、日体大荏原は先頭打者の星が死球で出塁すると、2番中澤の犠打で得点圏に進める。2死二塁となり、4番国府田が左越え適時二塁打を放ち先制点をもぎ取った。続く5番小林の打球を相手の失策の間に国府田がホームにかえり点差を2点に広げる。

 一方、早大学院は5回裏、1死から6番西山が内野安打で出塁。その後、盗塁でチャンスを広げるも後続が続かない。6回裏にも内野安打で出塁するが、併殺打に倒れ苦しい展開が続いた。

 日体大荏原も盗塁失敗や早大学院エース西山の好投や好フィールディングなどで追加点を取れない展開が続く。

 再び試合が動いたのは8回表。日体大荏原の攻撃だ。四球で3番千葉が出塁すると、続く4番国府田が犠打を成功させ得点圏へ。5番小林が右中間への適時三塁打を放って追加点を奪った。

 日体大荏原は続く9回表にも小技や単打、相手の失策などで4点を奪い7対0で都大会出場を決めた。

 日体大荏原のエース石井は9回を3安打完封。自身の投球を「後半に調子が落ちないことは持ち味だが、先頭打者の四球や初球にストライクが取れないことが課題」と振り返っていた。

(記事=編集部)