日大三 初回の猛攻で圧勝!今大会旋風を起こした都立富士森 さわやかな敗戦



1回裏、右前適時打を放つ日大三3番・富塚 隼介内野手(3年)

トーナメント表
西東京大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

関連記事
東海大菅生の大型右腕、國學院久我山の大型遊撃手など大型選手揃う西東京の逸材たち
國學院久我山、東海大菅生、日大三が優勝争いか?大会序盤から好ゲーム続出

日程・結果一覧
東京TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

<第104回全国高校野球選手権西東京大会:日大三12-1都立富士森(5回コールド)>◇29日◇準決勝◇神宮

 都立富士森は、今大会の台風の目であり、さわやかな旋風を起こしている。4回戦で聖パウロ学園を破り勢いに乗ると、シード校の駒大高、さらには日大鶴ヶ丘までも破り、誰も予想しなかった準決勝進出を果たした。準決勝の相手は、第1シードの日大三。1997年に小倉全由が監督に就任して以来、夏の大会で都立に負けたことがない。都立日野都立昭和都立片倉など過去の大会で都立旋風を起こした学校も、ことごとく日大三の厚い壁に跳ね返された。

 この試合に向けて日大三の小倉監督は選手たちに、「富士森さんは勢いがあるからな」と語った。こうした相手に謙虚に向き合う姿勢が、都立勢にとっては手ごわいのかもしれない。

 日大三は得番号18の河村 蒼人都立富士森は背番号10の玉置真仁が先発した。都立富士森はエースの甲斐凪砂が2日前に日大鶴ヶ丘との延長戦に完投しており、スタートは5回戦の駒大高戦と同じように玉置が先発した。しかし試合開始とともに日大三のバットが火をふく。

 1回裏、日大三は1番・藤巻 一洸、2番・大川 智矢が四球で出塁すると、3番・富塚 隼介、4番・浅倉 大聖の連続安打で得点を挙げていくと、都立富士森は急遽、玉置に代えて甲斐をマウンドに送る。甲斐に代わっても日大三の猛攻が続き、5番・金澤 海斗の中犠飛を挟んで後続の打者が河村の二塁打を含め4者連続安打。その後も浅倉の二塁打などで加点する。結局1回裏に打者14人の猛攻で10点を挙げる。

 何点リードされても自分たちの野球を見失わないのが都立富士森の良さだ。2回表、都立富士森はこの回先頭の4番・秋山世成が四球で出塁すると、暴投で二塁に進み、犠打と内野ゴロで生還し1点を返した。

 日大三は初回のような猛攻はなくなったが、2回、3回と1点ずつを加点する。河村は5回を失点1に抑え、5回コールドが成立した。

 敗れた都立富士森の廣瀬勇司監督は、「ここまで来たら自分たちの野球をやろう」と言って選手を送り出し、選手たちもそれに応えた。神宮球場でナイターを含め2試合を戦い、選手たちもノビノビとプレーした。「こんな素晴らしいことはありません」と廣瀬監督は語る。小牧颯太主将も「都立がここまでやってこられた。負けましたが、よくやったと思います」と語った。

 日大三は第100回大会以来の甲子園を目指し、決勝戦を戦う。

(取材=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。