國學院久我山 再開後も万全の試合運びで世田谷学園を8回コールドで下す



國學院久我山・松本慎之介

トーナメント表
西東京大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

関連記事
東海大菅生の大型右腕、國學院久我山の大型遊撃手など大型選手揃う西東京の逸材たち
國學院久我山、東海大菅生、日大三が優勝争いか?大会序盤から好ゲーム続出

日程・結果一覧
東京TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 前日は、木津 寿哉上田 太陽の本塁打など國學院久我山が5-2でリードした4回終了後雨で中断し、翌日同じダイワハウススタジアム八王子で継続試合として行われた。

 世田谷学園角井 優國學院久我山松本 慎之介が引き続き登板した。再開後の5回裏も國學院久我山が6番・上田の中前適時打で1点を追加。夏の大会から背番号1を担うことになった國學院久我山の松本慎は8回表に1点を失ったものの、安定した投球で傷口を広げることはない。國學院久我山の尾崎直輝監督は、松本慎が背番号1になった理由について、「動じないことです」と語る。それでも、これまで背番号1を担っていた成田 陸、渡邊建伸らも健在で、投手陣は量質ともに充実している。8回裏は世田谷学園の角井の制球の乱れもあり走者がたまり、3番・木津の右前適時打、5番・大野 良太の右前適時打でそれぞれ2点ずつが入り10―3。8回コールドが成立した。

 昨夏4強の世田谷学園は、秋は都立小山台に敗れ都大会に進出できず、春はコロナ禍により辞退せざるを得ず、苦しい1年になった。
 世田谷学園の成瀬智監督は、「もう少し食らいついて、いい試合をしたかったです」と無念さをのぞかせた。それでも、苦しい1年の経験は、今後に生かされるに違いない。

 今まではリリーフが多かった國學院久我山の新エース・松本慎は、「(先発の)責任感を楽しんで投げることができました」と語る。1年生の常木竣一朗が遊撃手でスタメン起用されるなど、チーム内の競争は激しく、センバツ4強の緩みはない。近年の國學院久我山は、秋から春、春から夏とチームが成長した姿をみせてきただけに、これからの厳しい戦いで、どこまで成長した姿をみせることができるか、注目したい。

(取材=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。