二松学舎大附 4番に抜擢の岩崎 日大三の川崎からサヨナラ打を放ち決勝進出



勝利を喜ぶ二松学舎大附

<春季東京都高校野球大会:二松学舎大附6-5日大三>◇23日◇準決勝◇スリーボンドスタジアム八王子

 昨年の春も準決勝で当たった両校。昨年同様、試合の展開が二転三転と変わる激しい試合になった。

 日大三松藤 孝介二松学舎大附は辻大雅と、ともに左腕投手が先発し、立ち上がりは無難なスタートになった。試合は3回表に日大三が1番・大川 智矢の二塁打で1点を先制。4回表は、この回先頭の3番・富塚 隼介が中前安打で出塁すると、今大会当たっていない4番の浅倉 大聖がツーストライクになった後でも送りバントをしっかり決めた。この回は得点につながらなかったが、こうした懸命なプレーが次につながる。

 4回裏二松学舎大附は5番・大矢 青葉の三塁打などで2点を入れて逆転する。しかし5回表、2死満塁で4番・浅倉に打順が回ってくる。この大会4試合ノーヒットだが、小倉全由監督は浅倉を4番から外さなかった。「信頼してもらっている」と感じた浅倉は、フルカウントに追い込まれながらも、レフトスタンドに入る満塁本塁打を放った。「アウトコースのストレート。思い切り振りました」と、浅倉は言う。

 浅倉の満塁弾で試合は日大三のペースになったが、二松学舎大附も粘る。日大三は7回裏の途中から準々決勝で好投した佐藤起也を投球。さらに8回裏、二松学舎大附の3番・瀬谷 大夢の内野安打と、5番・大矢の四球で1死一、二塁になったところで、3番手として安田 虎汰郎を投入した。