集中打の関東一、本塁打3本の帝京を振り切り決勝進出



関東一・成井 颯

<春季東京都高校野球大会:関東一8-5帝京>◇23日◇準決勝◇スリーボンドスタジアム八王子

 互いに「越えなければならない相手」と意識する東東京のライバル対決。特に帝京が金田優哉監督になってから初のライバル対決になった。そんな帝京関東一の米澤貴光監督は、「パワーは数段上。圧も感じました」と語る。実際帝京はこの試合で、広いスリーボンドスタジアム八王子であるにもかかわらず3本の本塁打を放った。しかし勝ったのは、集中打に勝る関東一だった。

 関東一は左腕の桝川颯太、帝京早稲田実業戦で好投した佐久間光正が先発した。関東一は2回表、6番・秋葉晧介、7番・増尾己波の連続二塁打などで2点を先制したが、帝京はその裏、5番・大塚 智也のレフト場外弾で1点を返した。大塚は、高校通算本塁打は5本だが、そのうちの3本をこの大会で放っている。「冬場に振り込んで、飛ばす力をつけました」と大塚は言う。それでも関東一富岡 大阿の二塁打などで1点を追加した。

 圧巻だったのは5回表の関東一の攻撃だった。帝京の投手はこの回から2年生・左腕の安藤 翔に代わる。この回先頭の関東一の1番・柳瀬 冬和が四球で出塁すると、2番・三浦 麟の内野安打、3番・井坪 陽生の左前安打で1点を入れる。