日大三 意表を突く左横手投げ佐藤の先発起用が的中し東海大菅生に競り勝つ



日大三 佐藤起也

<春季東京都高校野球大会:日大三3-2東海大菅生>◇17日◇準々決勝◇スリーボンドスタジアム八王子

 勝った方が夏の西東京大会の第1シードが確定する西東京のライバル対決。この大会、ともにエース不在で戦ってきたが、それでも東海大菅生は日當直喜が、日大三は安田 虎汰郎が投手陣の軸になっていた。東海大菅生は順当に日當を先発させたが、日大三はこの大会で投げていない左横手投げの佐藤起也を先発させた。

「投げた球が低く来る。3月の練習試合でもいいピッチングをしていました」と日大三の小倉 全由監督は語る。佐藤は先発を「今日のアップの時に言われました」と言う。東海大菅生の若林 弘泰監督は、「今日は安田君で来ると思っていました」と語るように、佐藤の先発は想定外だった。

 日大三の佐藤の起用は当たった。佐藤は1回裏の東海大菅生の攻撃を三者凡退に抑える。

 すると2回表日大三は、この回先頭の5番・金澤 海斗が中前安打で出塁し、6番・村上 太一の犠打で二塁に進み、8番・寒川 忠の中前安打で生還する。3回表も、四球で出塁した1番・大川 智矢が、2番・藤巻 一洸の二塁打で生還する。

 こうなると日大三・佐藤の左サイドから投げる丁寧な投球の術中にはまった状態になる。佐藤は東海大菅生を「威圧感がすごかったです」と言うが、4回まで1本の安打も許さない。東海大菅生は5回裏に7番・金谷 竜汰がようやく初安打を記録する。

 するとグラウンド整備が行われた後の6回裏、東海大菅生は3番・福原 聖矢が中前安打で出塁するとすかさず二盗し、4番・小池 祐吏の左前安打でようやく1点を返した。

 8回裏の東海大菅生の攻撃から、日大三は投手を好投の佐藤から安田に代える。佐藤にタイミングが合い始めたうえに疲労などを考えれば順当な交代といえる。しかし東海大菅生は、この回先頭の1番・鈴木 悠平が左前安打を放ち、守備の乱れで一気に二塁に進む。2番・小山 凌暉が三塁に送り、ワイルドピッチで生還して同点に追いつく。

 しかし日大三は、追いつかれた直後の9回表、この回先頭の3番・富塚 隼介が左前安打で出塁し、4番・浅倉 大聖がバントで送り、5番・金澤 海斗の左前安打で生還し、すぐさま勝ち越す。

 9回表東海大菅生はこの回先頭の6番・酒井 成真が死球で出塁したが、日大三の安田は後続の3人をしっかり抑え3対2。日大三が1点差で逃げ切った。昨年の秋も準々決勝で両校は対戦しているが、昨年に続き日大三は1点差で勝利した。

 東海大菅生の若林監督は、「点の取られ方が悪かったし、今日はひどすぎる」と語った。

 東海大菅生は、力のあるチームであることは確かだが、1度流れを失うと、強豪といえども取り戻すのは容易でない。結局、「夏は(鈴木)泰成待ちになります」と若林監督は言う。エース・鈴木 泰成が復帰すれば、さらに戦力が充実するのは間違いない。

 日大三は昨年秋に対戦した時は、日當に5回で三振10を記録している。今回は7回で9個の三振を奪われたものの、しっかり対応していた。小倉監督としても、その点に手応えを感じる勝利だった。これで日大三は昨年の夏に続きこの夏も第1シードを確実にした。準決勝では二松学舎大附と対戦する。

(取材=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。