國學院久我山、鮮やかなスクイズ攻撃で逆転。都立小山台をコールドで下し、ベスト8へ



先発・松本慎之介(國學院久我山)

<春季東京都高校野球大会:國學院久我山10-1都立小山台/team]>◇11日◇4回戦◇スリーボンドスタジアム八王子

 センバツベスト4の國學院久我山。イチロー氏の指導で話題となったり、文武両道を掲げ、短時間の練習の中で、質の高い練習を実践し、実力をつけたきたことなど、トピックスが多い名門校だ。4回戦・都立小山台戦ではスクイズを絡めた試合運びの上手さが目立った。

 まさに鮮やかな攻撃だった。

 3回表、エラーで先制を許すが、3回裏、8番吉川 侑杜捕手(3年)のスクイズで同点に追いつき、さらに2番上田 太陽内野手(3年)の絶妙なスクイズで勝ち越しに成功。3番木津 寿哉外野手(2年)の適時打で4対1とする。

 4回裏にも松本 慎之介投手(3年)が右越え適時二塁打で1点を追加し、吉川のスクイズで1点を追加。1番齋藤 誠賢外野手(3年)の中前適時打、上田がレフトの頭を越える適時二塁打で7対1。5回裏には7番萩野 颯人内野手(3年)の適時打、6回裏には下川邊 隼人内野手(3年)の2点適時打で、10対1とした。

 硬軟織り交ぜた攻撃に、都立小山台の福島監督は國學院久我山の攻撃を絶賛する。

「甲子園ベスト4に勝ち進んでいるチームということもあって、レベルが高かったですし、またセーフティスクイズの対策はしていたんですけど、それを上回る技術で、どうすればあんなに決まるのか。どんな練習をしているのか、知りたいぐらいです」

 國學院久我山の選手は小技ができる選手が求められている。尾崎監督は「今年はいろいろな戦術ができる選手が多いので、指揮を執る側としては楽しいです」と語る。

 また冬の期間、大きく成長を見せた松本 慎之介投手(3年)は130キロ前半の速球と切れのあるスライダーを投げ分け、7回、被安打4、5三振、自責点0の快投。尾崎監督も「探究心が高い投手」と評価する左腕が、巧打者揃いの都立小山台打線を抑え込んで、7回コールド勝ちでベスト8進出を決めた。

 6回裏には矢野 丈太郎外野手(1年)を代走に起用した。そしてライトを守るなど、競争しながらチームを高める國學院久我山。次の相手は帝京。昨秋対戦しているものの、破壊力、投手力ともに大きくレベルアップしている。果たしてどんな戦いを見せるのか。

(取材=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。