秋のエース・須藤の投打にわたる活躍で、東京成徳大高 終盤驚異の追い上げで逆転勝ち



東京成徳大高・須藤 竜童

 <春季東京都高校野球大会:東京成徳大高11-6駒大高(延長11回)>◇11日◇4回戦◇都営駒沢

 この大会、強力打線で打ち勝ってきた駒大高と、秋の大会の背番号1の須藤竜童と、この春背番号1になった坂本渉の好投で勝ち上がってきた東京成徳大高という、チームカラーが対照的な両校の対決になったが、短期間で4試合を戦ってきただけに、壮絶な総力戦になった。

 駒大高は背番号8ながら、今大会投手陣の柱であった大根田拓也が先発。大根田は2回表と6回表に1点ずつ失ったが、まずまずの投球だった。

 一方、東京成徳大高は、今大会初登板の身長186センチの山崎大嘉が先発したが、3回裏に続けて四球を出したところで降板。2番手の田中琉斗は、走者が二、三塁に進んだ後、5番の大根田に中前安打を打たれ、2点を失う。

 4回裏からは今大会のエースである坂本渉が登板したが、5回裏に駒大高の3番・相生哲大に三塁打を打たれるなどして2点を失う。6回裏にも相生の中前安打などで1点を失う。この回の途中から、秋まで背番号1を背負っていた須藤竜童が登板する。須藤も7回裏にワイルドピッチなどで1点を失ったものの、ここから踏ん張る。

 とはいえ、7回を終わって駒大高が6対2と4点をリードしており、先発・大根田の投球内容からも、駒大高の優位は動かないかに思われた。けれども、大根田も疲労で球威が明らかに落ちつつあった。8回表、東京成徳大高は、下位の2人が四球で出塁してつかんだ1死一、二塁のチャンスで1番・篠原一誠の内野安打で1点が入り、2番・島田秀喜の遊ゴロの間にさらに1点が入る。

 東京成徳大高が2点差を追う9回表、駒大高は大根田に代わり粟生田璃空をマウンドに送る。「大根田は体力がなくなっていたので、9回の頭で交代しました」と駒大高の川端教郎監督は語る。粟生田が四死球2で1死一、二塁としたところで駒大高は、背番号1の橋本佳達をマウンドに送る。橋本は代打の山口優暉を三振に仕留め、2死とする。しかしここで打席に入った途中登板の須藤が右中間を破る二塁打を放ち2人が還り、東京成徳大高が土壇場で追いつく。

 「自信を持って振りました。変化球を狙って、引っ張らずに打つことを意識しました」と須藤は語る。

 こうなると追い上げるチームが有利である。延長10回表1死二塁で、東京成徳大高駒大高の3番・相生を申告敬遠で歩かせる。ここで打席には、チームの主将で主砲でもある矢崎 蒼空が立つ。これまで矢崎が申告敬遠で歩かされることはあっても、矢崎の前の打者が申告敬遠ということはなかった。矢崎も「絶対に決めてやろうと思いました」と語る。しかし矢崎は三振に倒れ、駒大高は、この回得点ができなかった。

 延長11回裏、駒大高は、やや変則な投げ方をする長谷川心風をマウンドに送る。この回1死二、三塁の場面で打席には、またも須藤が入る。ここで須藤はスクイズを決め勝ち越し。須藤も野選でチャンスが広がったところで、東京成徳大高は2番・島田の二塁打を含め安打が3本続き、この回一挙5点を挙げて試合を決めた。

 駒大高とすれば悔しい敗戦になったが、矢崎主将は夏に向けて、「死ぬ気で練習したい」と語った。それでもシード校で迎える夏は、西東京大会の注目すべき高校であることは間違いない。

 激戦を制した東京成徳大高の森田正裕監督は、「選手がよく頑張ってくれました」と語る。準々決勝は昨年の夏の東東京大会で敗れている二松学舎大附と対戦する。同じ東東京の学校だが、「次回は楽しみ。今の力を出し切り、全力で戦います」と森田監督は語る。東京成徳大高は年々力をつけているだけに、秋準優勝の二松学舎大附と、どのような試合をするか楽しみである。

(取材=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。