二松学舎大附 苦しみながらも押切の逆転2ランなどで都立城東を破る



本塁打を放ちベンチに戻る押切 康太郎

 <春季東京都高校野球大会:二松学舎大附5-2都立城東>◇11日◇4回戦◇都営駒沢

 二松学舎大附には、秋の大会で見せたような力強さは感じられなかった。センバツ後、コロナ感染者が続出し、一時は出場辞退の危機に陥った。雨天中止などもあり、大会にはギリギリ間に合ったものの、まさにぶっつけ本番であった。「何か苦しい。心も体もさえない。何とかしのいでいる」と、市原勝人監督は言う。7日から中1日で続く春季都大会の3試合は、二松学舎大附といえども厳しいものになったが、しっかり勝つところが、このチームの底力だ。

 立ち上がり、二松学舎大附のエース・布施 東海は、ピリッとしなかった。遊失と内野安打で一死一、三塁のピンチを招くと、この大会当たっている4番の佐久間飛向の右前安打で都立城東が1点を先制。さらに内野ゴロの間にもう1点を追加する。

 その裏二松学舎大附も、3番・瀬谷 大夢の右前安打などで1死一、三塁のチャンスを作り、4番に抜擢された柴田 怜英の左犠飛で1点を返す。さらに2回裏は7番に入った小林 幸男が二塁打を打つと、続く押切 康太郎が左翼越えの本塁打を放ち、二松学舎大附が逆転した。「たまたま打っただけ。入ると思いませんでした」と押切は言う。守備を買われて起用されている印象があるが、市原監督は「勝負強いです」と語る。

 都立城東は、この大会も継投で勝ち進んできた。先発の北誠四郎に代わり、3回からは中堅手の藤森晴久がマウンドに立つ。しかし4回裏、藤森は二松学舎大附の下位打線につかまる。7番・小林の内野安打に続き、8番・押切の二塁打で1死二、三塁となり、9番・布施も二塁打を放って、2人が生還。自らの投球を楽にした。

 とはいえ、5回表、6回表と、2死ながら満塁のピンチが続いた。得点は許さなかったものの、布施としても苦しい投球が続いた。

 都立城東は5回から登板した峯岸叶が、無失点の好投を見せる。「真っ直ぐ中心の投球で、コースを突いて投げました」と峯岸は言う。

 試合の序盤は得点が入る展開になったが、後半は二松学舎大附の布施、都立城東の峯岸が踏ん張り、4対2のまま試合は終わった。

 都立城東は、敗れはしたものの、3人の投手の継投でしっかり夏のシードをものにしただけに、「枚数は揃ってきました」と、内田稔監督は手応えを感じながらも、夏に向けて、さらなるレベルアップを目指す。

 二松学舎大附は4回戦に勝ったことで、ここからは、週末の試合になる。準々決勝までは中4日しかないが、貴重な時間になりそうだ。

(取材=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。