都立小山台が序盤の猛攻で日大二に7回コールド勝ち!



好投の栗林兼吾(都立小山台)

<春季東京都高校野球大会:都立小山台9-2日大二(7回コールド)>◇9日◇3回戦◇都営駒沢

 都立小山台日大二を相手に圧倒した。1回裏、制球がままならない日大二の大型左腕・大野 駿介を攻めて満塁のチャンスから5番松川侑生投手(3年)の打球がセンターを襲い、グラブを弾く2点適時打。さらに押し出しで1点を追加。更に2回表には相手の守備ミスもあり、一気に5得点を入れ、3回表にも1点を入れ、9対0とリードした。

 都立小山台の左腕・栗林兼吾投手(3年)は120キロ台の速球と切れのあるスライダーを投げ分け、日大二打線を3回2失点に抑えた。

 4回裏からは松川が登板。4回を被安打3、無失点に抑える好投で、コールド勝ちでベスト16進出を決めた。

 両校はよく練習試合を行う中で、練習試合では日大二打線がエースの松川を攻略して勝ったという。そのため、左腕・栗林が登板し、しっかりと結果を残した。集中打もあり、走塁を絡めながら相手チームへプレッシャーをかける都立小山台の攻撃は脅威だった。4回戦で戦う國學院久我山相手をあっと言わせる戦いも期待できそうだ。

 敗れた日大二は田中監督からの評価が高い左腕・小林 誠明投手が5.1回を投げて、1失点の好投を見せた。田中監督は実は大野の奮起を求めている。打線の破壊力は例年のチームに負けていないので、大型左腕・大野が持ち味を発揮すれば、怖いチームとなりそうだ。

(取材=河嶋 宗一