日大三、大苦戦も好投手リレー&無失策の堅守で逆転勝利で夏のシード獲得



先発・松藤孝介(日大三)

<春季東京都高校野球大会:日大三2-1早大学院>◇8日◇3回戦◇スリーボンドスタジアム八王子

 昨秋ベスト4の日大三と実力校・早大学院の一戦。日大三は7回まで0対1まで負けていたものの、8回に2本の犠牲フライで逆転に成功。2対1で逃げ切って4回戦に進出し、今夏のシード権を獲得した。

「負けなくて良かったです」

 日大三・小倉監督が語るように、早大学院の2年生右腕・西山 恒斉内野手の投球の前に苦しみ、7回まで無得点だった。しかし8回表に、2つのエラーから無死三塁のチャンスを作ると、犠飛で1点を返し同点。その後、またも相手の守備のミスからチャンスを作り、再び犠飛で勝ち越しに成功した。

 まさに大苦戦だったが、それでも負けなかったのは、守備陣と投手陣の働きが大きかった。先発の183センチ左腕・松藤 孝介投手(3年)が踏ん張った。しなやかな腕の振りを生かしたオーバーハンドで、120キロ後半〜130キロ前半の速球には伸びがあり、両サイドに決まる。さらに120キロ前後のスライダーを投げ分け、しっかりとゲームメイクできる。リードする川崎 広翔捕手(3年)は「右打者の内角に強い球を投げられる投手で、練習試合で抑えることができていたので、しっかりと攻めることができました」と好投を演出した。5回裏に1点は取られたが、5.2回を投げて、3奪三振、被安打4と最少失点に抑えて味方の逆転を呼び込んだ。

 松藤の後に投げたのが、リリーフの安田 虎汰郎投手(2年)。176センチ、73キロと均整が取れた体格から力強い速球を投げる。常時133キロ〜136キロの速球は威力抜群で、数字以上に見栄えがする。川崎は「直球がかなり走っていたので、コーナーをついて押す投球を心がけました」と語る。

 ピンチの場面になっても力強い直球で押した。強力な早大学院打線を振り切り、勝利を収めた。「投手陣がよく投げてくれました」と小倉監督も活躍を評価した。

 守備陣も無失策で投手陣の好投を引き出した。内野手、外野手ともに球際の処理はレベルが高く、難しい姿勢からでも正確なスローイングができるのも、冬の練習が実を結んでいる証拠だろう。

 今夏のシード権を獲得した日大三。打撃陣では反省する材料はあるが、勝ち進んだからこそ、課題修正にも取り組める。4回戦では強い日大三の姿を見せたいところだ。