都立城東 佐久間の4安打の活躍で加点し、大森学園の反撃を振り切る



6回二塁打を放つ城東・佐久間飛向

<春季東京都高校野球大会:都立城東6-4大森学園◇7日◇2回戦◇江戸川区

 昨年秋は関東一に善戦した都立城東と、駒大高と壮絶な打撃戦を演じた大森学園の対決は、勝敗の行方が最後まで分からない接戦になったが、都立城東が試合前半の加点が物を言って、逃げ切った。都立城東の得点の中心にいたのが、主将で4番の佐久間飛向だった。

 1回表都立城東は2死二塁から、4番・佐久間の中前安打でまず1点。2回表は、8番・高垣学の二塁打と9番・高野丈治の中前安打で得点を挙げ、3回表は3番・金田将弥の中前安打に続き、4番・佐久間が二塁打を放ち、追加点を挙げる。佐久間も5番・若山瞬太郎の中前安打に続く、6番・北誠四郎の左前安打で生還した。

 大森学園は先発の湯川 翔太に代わり、4回から登板した下手投げの潮田慎之輔が好投しただけに、序盤の4点が響いた。

 6回表都立城東は佐久間の二塁打でさらに1点を追加したが、大森学園はその裏、1死一、三塁から6番・平本治の中犠飛で1点を返す。それでも城東は7回表にも1点を追加する。

 大森学園は終盤追い上げる。先発・北に代わり7回から登板しているエースの峯岸叶が、8回表にこの回先頭の大森学園の2番・木下蘭亜を四球で歩かせると、3番・山﨑祥貴の二塁打で木下が還り1点を返す。山﨑も6番・平本の中犠飛で生還する。

 9回も大森学園は、1番・木倉悌、4番・加藤政宏の二塁打で1点を返し、追い上げたが、反撃もここまで。城東が逃げ切った。

 大森学園は、敗れはしたが、打撃には力が感じられた。石黒隼監督は、「バッティングは水もの。最少失点に抑える守備が大切です。それに、エンドランなどの精度を上げないといけません」と語った。

 一方都立城東は、この試合では、佐久間の活躍が目立った。得点に絡む、5打数4安打の活躍だったが、決して当てる打撃でなく、かなりフルスイングをしている。佐久間は、チームの士気のためにも、「中途半端なスイングをしてはいけません」と語った。都立城東は夏のシード権をかけて、3回戦は足立学園と対戦する。

(取材=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。