修徳、恐怖の6番打者が2本塁打と機能し、7回コールド勝ち



2本目の本塁打を放った芦川(修徳)

<春季東京都高校野球大会:修徳11-2海城(7回コールド)>◇6日◇2回戦◇江戸川区

 東東京の名門・修徳が、海城との初戦を迎えた。やはり久々の公式戦。前半戦は攻撃、守備ともに硬さが見られた。

 3回裏、2死から3番・牧野 颯太外野手(3年)が左中間を破る二塁打で1点を先制し、4番のプロ注目スラッガー・佐藤 大空外野手(3年)の痛烈な中前適時打で2点目を入れた。

 だが、海城も反撃し、4回表、2番神作 優志内野手(3年)の右前安打からの3番・樋口 航介内野手(2年)が右中間を破る適時三塁打で1点を返し、4番岸 凛太朗(3年)の適時打ですぐさま同点に追いついた。

 しかし修徳は4回裏、6番芦川 晴基内野手(3年)が左翼席へ打ち込む勝ち越し本塁打を放ち、5回裏には1死一、二塁から5番大井 海人外野手(3年)が左翼越えの適時二塁打で5対2と突き放した。

 さらに6回裏には打線が爆発し、芦川がこの日、2本目となる3ラン本塁打で11対2と大きく点差を広げた。荒井監督によると、まだレギュラーを争う立場と語るが、右、左と本塁打を打てる非凡な長打力が武器だ。

 投手陣も130キロ前半の速球を投げ込む佐々木 凌空投手(3年)が5回まで2失点。勢いのある直球があり変化球の精度も高く、楽しみな投手だ。2番手・竹澤 尚輝投手(2年)も無失点に抑え、3番手・林 一秀投手(3年)もしっかりと無失点に抑え、11対2の7回コールド勝ちで初戦突破を決めた。

 修徳の荒井監督は「初戦なので、どうしてもチグハグなところは前半あるのは仕方なく、じっくりと戦おうと話をしてきました。主軸の選手たちがしっかりと機能できたことや、投手陣3人の投球は大きかったと思います」と主軸打者の働きと投手陣の活躍を評価した。次戦へ向けて、荒井監督は「主軸以外の選手たちの活躍もカギになるかなと思います。全体的に機能することを期待したいです」と意気込みを語った。

 次の相手は強力打者揃いの明大中野。総力戦となりそうなこの一戦を制し、夏のシードをつかみたい。