手探りの早稲田実業 主将・壽田の二塁打2本などで7回コールド



2回本塁打を放ちベンチに戻る大野郁徳(左)

<春季東京都高校野球大会:早稲田実業11-4都立武蔵丘(7回コールド)>◇5日◇1回戦◇府中市民

 2日間続いた雨の影響で試合開始時間は1時間延ばされた。早稲田実業は7回コールドで勝利したものの、どうもスッキリしない試合であり、都立武蔵丘はよく戦ったが、扇原進監督が「もっとやれました」と言うように、もう少しやれたのではないかと思わせる試合だった。

 早稲田実業は背番号と守備位置が一致しているのは、石島光騎、江崎大燿のバッテリーの2人だけ。コロナでチーム作りが遅れた影響は、背番号にも表れていた。

 1回表都立武蔵丘は、内野安打で出塁した1番・柳澤珀斗がワイルドピッチなどで三塁に進み、4番・根本照はボテボテの投ゴロであったが、不規則な当たりであったことが幸いして内野安打になり、1点を先制した。

 嫌な出だしを払拭したのは、前主将の清宮 福太郎から、「お前が引っ張らないと」と言われていた、現主将の壽田 悠毅だった。2死一塁から右中間を破る二塁打を放ち同点に追いついた。

 2回裏は、1点を追加した後、なお続く1死二塁の場面で、9番・大野郁徳が右翼席に入る2ランを放ち、早稲田実業がリードを広げる。3回裏も壽田の2打席連続の二塁打などで1点を追加した。

 流れを止めたい都立武蔵丘は、5回表この回先頭の1番・柳澤が中越えの三塁打を放つ。2番・小北哲大はバントを決め、スクイズ成功かと思われたが、三塁走者の柳澤はスタートを切っていない。セーフティースクイズのような形で、遅れてスタートしたが、三本間に挟まれてアウトになった。「普通のスクイズです。ランナーがサインを見ていませんでした。あれで流れを持って行かれました」と都立武蔵丘の扇原監督は言う。柳澤は足も速く、野球センスのある選手だ。ただワンプレーの重要さを、今後の教訓にしてほしい。