15安打の猛攻で2回戦進出 法政大高、期待膨らむ大型スラッガー・豊田明平が4打点の大暴れ



法政大高4番・豊田明平

<春季東京都高校野球大会:法政大高6-2日本ウェルネス>◇2日◇1回戦◇府中市民

 法政大高は9回で15安打と強打で日本ウェルネス茨城を圧倒。中盤に攻撃で主導権を握って、2回戦に勝ち進んだ。

 試合は3回に法政大高が先制点を奪って1対0で迎えた5回、無死一、三塁から3番・本宮拓朗外野手(3年)が二塁打を放ち追加点を記録すると、続く4番・豊田 明平内野手(3年)が片手で捉えた打球はレフトフェンス手前まで飛ばす犠牲フライ。この回、2点目を記録して3対0と突き放した。

 続く6回にも点数を奪うと、8回には2死二塁から4番・豊田が左翼線を破る二塁打で6対0と勝負を決めた。

 最終回に日本ウェルネス茨城に2点を返されたものの、6対2で勝利した法政大高。強打が目立ったなかでも主砲・豊田は風格が違った。

 がっちりとした下半身が目立つ豊田は、177センチ、86キロと体つきがしっかりしている。

 バットを寝かせた状態でトップを作り、軸回転で振り出していく。本人も意識しているというレベルスイングで球を捉えると、持ち前のパワーを使ったパンチ力で打球を飛ばす。5回に放った犠牲フライが、片手になりながらもレフトフェンス手前まで運んだことを見れば、納得いくところだ。

 177センチ、86キロの体格を生かして凄まじいパワーを見せた豊田は、この試合4打数2安打4打点と4番にふさわしい活躍ぶりだった。「今日は球がしっかりと見えており、積極的にバットを振りにいけたことが、結果に繋がった」とこの結果を淡々と振り返った。

 法政大高では、冬場にトレーニングを重点的に行い、筋力強化をしてきた。豊田も4キロの増量に成功し、片手でフェンス手前まで飛ばせた理由も納得できた。

 シーズンに入ってまもなく、「バットが素直に出せなかった」ということで、差し込まれてしまうことが多く、練習の成果は発揮できなかった。

 そのときに豊田を救ったのが、普段から佐相監督が指導してきたシンプルな打撃だった。

「甲子園の試合を見たり、強豪校と試合をすると、シンプルなスイングをする選手が多かった」ということに気づいたことで、自チームの選手にも指導を徹底した。

 豊田に対しても、同様にシンプルなフォームを改めて指導し、取り入れたことで、バットが素直に出るようになり、調子が上向きになり、この試合では4打点をマーク。この結果は、法政大高がチームで取り組んできたことの成果といっていいだろう。

 豊田以外にも、ヘッドを生かしたバッティングに加えて、先発として試合を作った主将・福井永世内野手(3年)や、レベルスイングで捉える幅の広さを感じさせた3番・本宮、そして捕手として、二塁送球最速1.85秒を計測する強肩が光った高橋飛成(3年)と逸材が揃う。

 2回戦はシード校・都立日野台との対戦となるが、どんな試合を見せるか楽しみだ。