延長13回タイブレークを継投策で制した拓大一 エースと「心中」した都立篠崎は1歩及ばず



拓大一先発・松浦拓海

<春季東京都高等学校野球大会:拓大一 5-4 都立篠崎(延長13回タイブレーク)>◇2日◇1回戦◇府中市民

 1日から始まった春季東京都大会は、大会2日目。府中市民球場では、予選上がりの都立篠崎拓大一と対戦した。最後までもつれた試合は拓大一が5対4の延長13回タイブレークで都立篠崎を下した。

 拓大一は2回、4番・宮下晴気内野手(3年)の三塁打でチャンスを作り、6番・伊藤周生捕手(3年)の犠牲フライで先取点をつかんだ。

 だが、先発・松浦拓海投手(2年)がピリッとせず、直後の3回に都立篠崎3番・遠山拓夢内野手(3年)の一打で同点。その後も互いに点数を奪い合い、12回が終わって4対4の同点のまま、13回からタイブレークに突入した。

 拓大一は3番手・岩崎倖大投手(2年)が、13回の都立篠崎の攻撃を0点に抑える好投でサヨナラへのチャンスを作る。すると拓大一は、1死二、三塁で7番・田実拓弥内野手(2年)が犠牲フライを放ってサヨナラ。都立篠崎との熱戦を制して、2回戦進出を決めた。

 最後は拓大一が勝利したが、両チームの投手起用は対照的だった。

 拓大一は3投手の継投策だ。

 「ダメなところが出始めたら代えよう」と継投策を視野に入れたうえで、松井監督は先発に松浦を起用。下半身のタメをしっかりと作って、腕のしなりを利用したフォームで、角度を付けた投手だったが、4回で被安打4、四死球3と制球に苦しみ、先発して試合を作れなかった。

 ただ拓大一の粘りに繋げたのは2番手以降の投手陣だ。

 2番手・皆川友快投手(3年)は押し出し気味に右腕を振るスリークォーターの投手だが、緩い横のスライダーを効果的に使って、5回から7回までの3回を無失点。打たせて取る投球で試合を立て直した。

 そして3番手・岩崎は、前の2人に比べて球の質はよく見える。

 フォーム全体のバランスが良く、加えて下半身の力を上手く使えているので、真っすぐに伸びがある。変化球でもしっかりストライクが取れ、ランナーがいないところでもクイックで投げるなど、工夫も凝らしている。「最後は岩崎にするつもりだった」と松井監督が話すのも納得できる、しっかり計算ができる投手という印象だった。

 「秋は投手陣が力不足でしたので、オフシーズンに重点的に取り組みました。3人ともよくやってくれたと思います」と松井監督は、冬場からの成長を見せた3投手を賞賛した。

 都立篠崎は、エース・伊藤 輝投手(3年)が完投。ブロック予選でも見せた、変化球を交えながら外角へ丁寧に投げ込む。打たせて取るピッチングで、痛打が少なくダメージがあまりなく、6回までは落ち着きがあった。

 ただ疲労からか、終盤7回以降は「球が抜け始めてしまった」と高めに浮きはじめ、はじき返される場面が増えた。ランナーを背負うことが多くなり、苦しい投球が続いた。それでも「勝ちたいという一心で投げ込みました」と勝負どころでは丁寧に低めを突いて、エースらしく粘り強く投げ抜いたのは素晴らしかった。

 だからこそ、「これだけの試合ができたことは良かったですが、やはり悔しいです」と表情からも、その気持ちは十分に伝わってきた。

 この投球には指揮官の野木監督も「最初は打ちにくそうにしていたので続投させましたが、9回以降はピンチを抑えて戻ってくる姿に、『エースしかない』と思っていました」と背番号1の力投を信じて見守っていた。だからこそ、「勝たせてあげたかった」と伊藤と同じように悔しさをにじませた。

 継投策で勝負した拓大一。エースと「心中」した都立篠崎。どちらが正解で間違いというものはない。それでも雌雄は決し、拓大一に軍配が上がった。野球の面白さが詰まっていた一戦であった。