日体大荏原 小林滉などの三塁打で挙げた初回の3点をエース・小金井が守り初戦突破



日体大荏原・小金井 凌生

 <春季東京都高校野球大会:日体大荏原4-1都立足立新田>◇2日◇1回戦◇大田スタジアム

 日体大荏原都立足立新田も鍛えられているだけに、締まった好ゲームになった。しかし立ち上がりをしっかり攻めた日体大荏原が初戦を物にした。

 都立足立新田の先発はエースの大脇颯太。1回表、日体大荏原は大脇の立ち上がりを攻め、2番・和田麗哉、3番・千葉輝夏の連打で1死一、三塁とし、4番・原田悠希の内野ゴロの間に1点を先制。さらに5番・小林滉人が右中間を破る三塁打を放ち1点追加。小林 滉も6番・村山颯乙の中前安打で生還し、日体大荏原は初回に3点を入れた。この3点が大きかった。都立足立新田の有馬信夫監督は大脇の先発について、「エースで4番のプライドもあるので先発させましたが、本来の調子ではありませんでした。2イニングか3イニングうまくいけばと思ったのですがダメでした」と語る。

 この3点は、日体大荏原のエース、横手投げの小金井凌生の投球を楽にした。横手投げ独特の落ち方をするスライダーを効果的に使い、都立足立新田打線を翻弄する。3回裏にこの回先頭の都立足立新田の1番・鳴海来人に三塁打を打たれ1点を失ったが、後はほとんど危なげがなかった。いい当たりをされても、千葉、小林滉の二遊間を中心に守りがしっかりしており、傷口を広げることはない。

 都立足立新田も3回から登板した左腕の橋本光は、球は遅いものの、コーナーを丁寧に突いた投球で打者一巡を抑える。日体大荏原が遅い球に慣れる前に、6回からは右腕の三浦弦氣を投入。三浦は力のある球を投げて、日体大荏原に追加点を与えない。

 しかし9回表日体大荏原はこの回先頭の4番・原田が四球で出塁すると、5番で三塁打を放っている小林滉が送りバントをする。このバントについて日体大荏原の本橋慶彦監督は、「流れを変えたくなかったので」と語る。6番・村山が左飛に倒れ2死になったところで、代打に背番号20の飯塚純大を送る。「一番練習をしていました。彼でダメなら仕方ないという思いで代打に送りました」と本橋監督は言う。飯塚は本橋監督の起用に応えて左前安打を放ち、原田が生還して貴重な1点を追加した。

 9回裏を日体大荏原の小金井が三者凡退に抑え、日体大荏原が4-1で足立新田を破った。

 敗れた都立足立新田であるが、2回以降の守りは、鍛えられたチームであることを、十分に感じさせた。コロナで練習が思うようにできなかったこともあるだけに、有馬監督は、「しっかり立て直して頑張ります」と、夏に向けての思いを語った。

 小金井は被安打4,与四死球2、奪三振6、失点1の好投であった。小金井は、「今日はしっかりコントロールできました」と語る。小金井は身長185センチで、秋まで体重が62キロしかなかったが、この冬にしっかり食べてトレーニングをし、体重は74キロになり、体力をつけての完投だった。

 勝った日体大荏原は、2回戦は佼成学園と対戦する。1974年夏の西東京大会優勝の佼成学園と75年夏の東東京大会優勝の日体大荏原という、伝統校同士の熱戦を期待したい。

(取材=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。