1次予選のトーナメント表
日大二、都立日野などが属する第1〜6ブロック
世田谷学園などが属する第7〜12ブロック
日本学園などが属する第13〜18ブロック
城西大城西、日大豊山などが属する第19〜24ブロック

都立日野・松本 5回奪三振9の完全投球 1次予選8イニングをパーフェクト



都立日野・松本蓮

 都立日野は、秋は1次予選の初戦で優勝した國學院久我山と対戦し、自滅に近い形でコールド負けした。國學院久我山はこの試合の前日に、今センバツで有田工(佐賀)に勝っている。「(秋は)久我山に負けた後は、目の色が変わりました。甲子園でも勝っているわけで、あそこに届けば勝てるわけですから」と日野の嶋田雅之監督は言う。

 國學院久我山に負けた悔しさと、國學院久我山というはっきりとした目標ができたことで、ひと冬越えた都立日野は秋より一段階レベルが違うチームに変貌していた。その象徴がエースの松本 蓮投手だ。

 都大会出場をかけた代表決定戦は、初戦、都立町田を16―4の7回コールドで破っている芝浦工大附との対戦になった。伝統のあるチームであるが、この試合では、まったく問題にしなかった。

 都立日野の先発、左腕の松本は1回表を3者連続三振に抑えると、2回表も2人を三振に仕留め三者凡退。球速はそれほどでもないが、キレがあり、何よりもチェンジアップなどを効果的に使った緩急自在の投球が光った。チェンジアップに合わせると直球に差し込まれ、直球に合わせるとタイミングが合わず、三振の山を築く。芝浦工大附も全く打てなかったわけではないが、三遊間の難しい打球を遊撃手の清水楓太がうまくさばいて出塁できない。松本は5回を投げて68球。奪三振が9で、内野ゴロが5、外野フライ1のパーフェクトに抑えた。

 打っては夏も主軸であった4番・廣岡 太平を筆頭に破壊力がある。2回裏の廣岡の安打を皮切りに5本の安打を連ね3点を先取すると、3回裏も5番・上野雄哉の右前安打などで3点、4回裏も3安打、4四球に敵失も絡み、一挙6点を追加した。5回表の芝浦工大附の攻撃が終わった時点で12―0と日野がリードしたので、5回コールドが成立。都立日野の松本は5回参考記録ながら完全試合を達成した。なお松本は1次予選の1回戦も3イニングを投げ、1人の走者も出していないので、1次予選計8イニングをパーフェクトに抑えたことになる。

 都立日野の嶋田監督は、「出来すぎです」と言う。一方松本は、「あまり調子は上がっていませんでしたが、アウトコースの低めに決まりました」と語る。秋の國學院久我山戦は雨の中、2番手で登板してやや自滅に近い投球であったが、國學院久我山が優勝したことで、「刺激を受けて、冬の練習がいいものになりなりました」と松本は言う。中学生の時は武蔵府中シニアに所属。「都立校から甲子園に行く」ことを目指し、都立日野に入った。

 都立日野は都大会では1回戦で都立練馬と対戦する。このブロックには日大鶴ヶ丘明大中野八王子など、西東京の強豪が集まっている。夏の西東京大会の行方を展望するうえで、重要なブロックになりそうだ。

(記事:大島 裕史)