この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

1次予選のトーナメント表
日大二、都立日野などが属する第1〜6ブロック
世田谷学園などが属する第7〜12ブロック
日本学園などが属する第13〜18ブロック
城西大城西、日大豊山などが属する第19〜24ブロック

日大豊山 麻布の階戸の変化球に序盤苦しむも後半突き放し7回コールド



6回満塁走者一掃の三塁打を放った谷川翔太郎

 日大豊山は、昨年秋は経験豊富な捕手の狩野 光晴を故障で欠き、1次予選で都立城東に敗れた。この春は戻ってきただけに福島 直也監督は、「狩野がいると勢いがつくし、収まりがいい」と語る。対する麻布としては、まともに行っては厳しいだけに、背番号10ながら変化球のいい階戸 雅尊を先発に起用した。「強豪相手だけに、球を動かして、タイミングを外すことを考えました」と、麻布の山田 祐一郎監督は語る。そしてこの起用が序盤は功を奏する。

 1回裏、日大豊山は、3番・廣田 陸の中前適時打で幸先よく1点を入れる。しかし1点止まりだったことで、勢いに乗れない。2回、3回と走者は出すものの、階戸の落ちる球にタイミングが合わず、得点できない。「はまってしまうパターンですからね」と、日大豊山の福島監督は言う。

 ただ背番号11の先発・布施 蒼生の投球が安定していたのが、日大豊山としては救いだった。直球にスライダーなどを駆使し、単打は打たれても長打は許さない。何よりも四死球がないため、危なげがなかった。

 すると4回裏、日大豊山は6番・狩野の二塁打に3四死球で押し出しの1点を追加。3番・廣田の中前安打で2人が還り、この回3点を追加する。

 6回裏から麻布はエースの海老原 瑛士郎が登板する。海老原は、普通のチームであればある程度通用したかもしれない。しかし日大豊山にはしっかり合ってしまい、2安打と四球で1死満塁となり、7番・谷川 翔太郎が満塁の走者を一掃する三塁打を放ち、3点を追加。谷川も8番・布施の左犠飛で生還した。それでも、9番・石田 啓のライト後方の大きな打球を、麻布の右翼手・坂口 陽哉が好捕し、6回でのコールドは免れた。

 日大豊山の布施は、7回表に7番・階戸に左前安打を打たれたものの、この回も三振を2個奪った。布施は7回を投げて被安打4、奪三振12の無失点という好投であった。

 麻布の山田監督は、「(布施の)低めのスライダーに手が出てしまいました」と語る。とはいえ、こうした強豪と対戦できたことは、貴重な経験になるはずだ。

 なお日大豊山には、水泳との二刀流で注目されている光永 翔音がいる。昨年の高校総体、100メートルバタフライで2位になり、身体能力はもちろん高い。ただ水泳界にとっても逸材だけに、今後の起用は水泳部との調整になり、まず春季大会のメンバーには入っていない。

 さて都大会であるが、日大豊山は一番厳しいブロックに入った。1回戦は共栄学園と対戦し、勝てば東亜学園都立雪谷の勝者との対戦になる。夏の大会のシード校になるには、都大会で3回勝たなければならないが、3回戦に進出したとしても、3回戦では二松学舎大附と対戦する可能性が高い。相次いで壁が立ちふさがるブロックではあるが、福島監督は、「そこに挑めるわけで、チャレンジャーの気持ちです」と語った。

(記事:大島 裕史)