この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

1次予選のトーナメント表
日大二、都立日野などが属する第1〜6ブロック
世田谷学園などが属する第7〜12ブロック
日本学園などが属する第13〜18ブロック
城西大城西、日大豊山などが属する第19〜24ブロック

冬場体重10キロ増量のクロスファイヤー左腕が好投!都立小平が代表決定戦へ



都立小平先発・酒井尊

 夏はともに5回戦まで勝ち上がった都立小平日大一が1次予選の初戦で激突。先輩たちが作ったチームの良き流れを引き継ぐ意味でも、都大会の切符が欲しい両チームだったが、制したのは都立小平だった。

 初回に都立小平が2点を先取すると、4回にも追加点を奪い、3対0で前半を折り返す。都立小平の先発・酒井尊投手(3年)は、自慢の速球を軸に5回まで完璧に近い投球だったが、6回から日大一打線に捉えられはじめ、7回には2点を失い、3対2と迫られた。

 しかし8回にダメ押しとなる1点を、日大一のミスで都立小平はつかみ、4対2と勝負あり。エース・酒井が9回もマウンドに上がり、切れのある快速球を内外角に投げ分ける丁寧な投球を最後まで貫き、9回のスコアボードにも0を刻み、代表決定戦をたぐり寄せた。

 勝利した都立小平はエース左腕・酒井の好投が光った。体をねじってタメを作り、鋭い横回転で左腕を振り抜く。一塁側のプレートを使い、インステップ気味に踏み出した状態で、スリークォーター気味の高さから投げている分、角度がついており、何度か右打者がストライクに対して、後ろに引いて見逃すシーンが何度も見られた。

 実際、対戦した日大一の主将・松田大聖投手(3年)は左打席から、「背中からボールが来るような感覚でした」と、酒井の投球に、どれだけの角度があるのかを物語った。

 このフォームは中学へ進級して間もなく、「18.44メートルが遠くて、届かせることでいっぱいだったので、制球力がおろそかになってしまった」ということをきっかけに、コントロール重視の投げ方を探した末にたどり着いたという。

 それでも入学当初は、リリースポイントが不安定だったために、制球力不足が課題となっていた。そこで、楽天・早川 隆久投手(木更津総合出身)やオリックス・宮城 大弥投手(興南出身)の映像を見て、下半身の使い方を改善。太もも裏に力が入るようにしたことで、プレートを強く蹴れるようにしつつ、下半身を使った投げ方を覚え、リリースポイントを安定して打者寄りで離せるようになったという。

 冬場のトレーニングの成果で体重10キロの増加もあって、2年生夏は127キロだった球速も、2月には136キロまで大幅に更新。酒井独特の角度をより際立たせることにつながったといっていい。

 代表決定戦は都立立川との対戦となるが、「強気に攻める投球で9回までリードさせることなく勝ちたい」と都大会出場へ改めて決意を固めた。