この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

1次予選のトーナメント表
日大二、都立日野などが属する第1〜6ブロック
世田谷学園などが属する第7〜12ブロック
日本学園などが属する第13〜18ブロック
城西大城西、日大豊山などが属する第19〜24ブロック

実働部員9人同士 國學院・三木 敗れても光る奪三振15



國學院先発・三木毅

 伝統校で、上位進出の実績もある國學院京華商だが、現在は、國學院は部員が10人いるものの、試合ができるのは9人、京華商は部員9人と、ともにギリギリの人数で試合に臨んだ。

 國學院の先発・三木毅投手は、昨年秋の1次予選で都立練馬相手に35対0(5回コールド)で敗れる、屈辱のマウンドを経験している。この冬は走り込み、ひと回りたくましくなった。しかしこの試合、立ち上がりがやや乱れた。

 1回裏京華商の1番・亀卦川龍星がいきなり三塁打を放つ。亀卦川は牽制で刺されるが、この回、四死球3に5番・坂口海羅の中前安打などで京華商は2点を先制する。

 2回裏も京華商が9番・比嘉琉貴の三塁打に1番・亀卦川の二塁打で1点を追加する。それでも、國學院の三木は伸びのある直球を投げ、1回に奪三振1、2回に2、3回に3と奪三振を重ね,さらに4回の最後の打者から6回の先頭打者まで5人連続で三振を奪う快投を見せる。

 國學院は3回表に1点を返すと、京華商は4回表に1点を入れて突き放す。6回表は國學院が1死一、三塁から6番・勝又将太郎の左前安打と左翼手の失策が重なり2人が生還して追い上げる。