この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

1次予選のトーナメント表
日大二、都立日野などが属する第1〜6ブロック
世田谷学園などが属する第7〜12ブロック
日本学園などが属する第13〜18ブロック
城西大城西、日大豊山などが属する第19〜24ブロック

都立雪谷 御園―渡邊の0封リレーで、立教池袋を下す



雪谷・御園拓摩

 都立雪谷には、昨夏の修徳戦の好投で注目されるようになった渡邊顯人投手がいるが、この試合は、渡邊以外にも好投手がいることを示した一戦になった。

 都立雪谷の先発は2年生の御園 拓摩投手。「渡邊以外にいないと夏は勝てません」という伊達昌司監督の期待を担っての登板だ。御園は伸びのある速球で、立教池袋打線を抑える。最速は137キロほどということだが、まだ成長期で体が大きくなっているという御園は、将来性を感じさせる投球をする。

 「マシンの球を速く設定しました」と藤本勉監督が語る立教池袋の打線も、必死に食らいつき出塁するが、あと1本が出ず得点できない。

 都立雪谷は3回裏、内野安打で出塁した1番・田口力毅が二盗と、暴投2つで生還すると、2番打者で本来はエースの渡邉が四球で出塁すると二盗に成功。3番・長谷川の右前安打で一気に生還する。田口も渡邊も50メートル走6.0秒の俊足。長谷川も二盗して5番・山内悠虎の中犠飛で生還するなど、この回、足を絡めて3点を先制する。5回裏も4番・吉田一輝の二塁打などで都立雪谷は1点を追加する。