この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

ミラクル対決、9回にドラマが相次ぎ聖隷クリストファーが再逆転でサヨナラ勝ち



サヨナラ勝ちの歓喜にはじける聖隷クリストファー

 どちらも、県大会は2位校からの東海大会ベスト4進出である。聖隷クリストファーは、先の中京戦では9回一死から走塁妨害と2つの押し出しなどで2点差を逆転している。しかも、チームの柱となるバッテリーがともにケガで万全ではないという状態の中で、代わりに起用した選手が活躍するなど、上村 敏正監督も驚くくらいの勢いだ。

 また、至学館も県大会準決勝では9回に追いついて、なおも二死走者なしという場面からサヨナラ勝ちしたり、東海大会でも1回戦は岐阜第一に逆転勝ち。準々決勝でもリードされたが、すぐに逆転すると、2度もワンポイントリリーフを投入するなどのトリッキーな戦い方で勝ってきている。「前に甲子園に出た時と、チームの雰囲気は非常によく似ている。完投する投手は一人もいなくても、甲子園へは行けるはず」と、麻王 義之監督はいい手ごたえを感じている。

 こうした、大会を通じて流れを掴んでいるチーム同士のミラクル対決と言ってもいいカードだ。

 試合は聖隷クリストファーの背番号5をつけた堀内と、前の試合で好投した至学館の伊藤 幹太両先発で始まった。お互いに初回は、まずまずの立ち上がり。しかし、2回に早速に至学館の揺さぶりが出る。先頭の俊足の5番田頭が内野安打で出ると、櫛田も右前打で続いて一、二塁。兜森がしっかりと送ると岩戸が四球で満塁。ここで9番伊藤は、初球スクイズをファウルとしてしまった次の球、しっかり叩きつけて一、二塁間を破る安打で先制。さらに1番加藤は三塁線へ巧みなセーフティースクイズで2点目。ここでたまらず、聖隷クリストファーの上村 敏正監督は、前の試合で好リリーフした左腕塚原を投入した。

 なおも二死二、三塁というところで、至学館は佐野の一打が難しいゴロとなり、相手失策を誘発してさらに2人がかえった。守り側としては「何かやってくるかもしれない」と不安に思っていたところへ不意の打球などで少し出足が遅れるということもあったのかもしれない。このあたりも至学館の提唱している“思考破壊”野球の本領とも言えようか。

 3回には、一死三塁から試みたスクイズは本塁で刺されたものの、至学館の攻撃は怯まない。4回は先頭の伊藤が四球を選ぶと、二死となってから3番安並が中前打して一、三塁。続く4番宮田が左中間へ運ぶ二塁打を放ち1点を追加した。

 何とか反撃したい聖隷クリストファーは5回、8番に入っている塚原以下、代打石黒、成田、伊藤凛と4連打で2点を返して、なおも無死一、二塁。赤尾が送って一死二、三塁とする。やや苦しい投球となった伊藤は、ここで2つ四球を与えてしまい押し出しで3点目を与えてしまう。これまで継投で凌いできた至学館だったが、ここは麻王監督は辛抱して伊藤を引っ張った。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています