國學院久我山 序盤の猛攻!日大三をまさかの5回コールドで下す



得点を重ねる國學院久我山

 高校野球をみていると、ときおり、まさかという展開の試合に出くわすことがある。國學院久我山日大三は、まさにそんな試合だった。この夏の西東京大会の準決勝の再戦。若い國學院久我山の尾崎直輝監督と日大三のベテラン・小倉全由監督との対決も注目の試合だった。

 日大三はエースの矢後 和也國學院久我山は左腕の渡邊建伸が先発した。八王子戦で完封し、東海大菅生戦でも粘りの投球をみせた矢後であるが、この日はどうもおかしい。1回表國學院久我山は2人の走者を出したものの既に二死。打席には5番の下川邊 隼人が入る。夏の大会の日大三戦でも先制打を打っている下川邊は、左前安打を放ち、2人が生還した。「高めの変化球を打ちました」と下川邊は言う。

 その裏日大三は四球と敵失とワイルドピッチなどで無死二、三塁のチャンスを作り、3番・富塚 隼介の右犠飛で1点を返す。しかしこの回1点止まりだったことが響いた。

 2回表國學院久我山は、バウンドの高い投ゴロを矢後投手が見失い内野安打になるという珍しい安打などで作ったチャンスで、1番・齋藤 誠賢の内野安打で1点追加すると、2番・木津 寿哉のスクイズでさらに1点を追加。3番・上田 太陽の中前安打で1点を追加し、4番・成田陸に四球を出したところで矢後に代わって安田虎汰郎を投入した。

 安田はこの回の後続を断ち、3回表も三者凡退に抑えたが、矢後を交代した時点で勝負の大勢は決していた。4回表國學院久我山は2番・木津の二塁打で2点を追加し、木津も3番・上田 太陽の内野安打で生還した。

 その裏日大三は4番・浅倉大聖の本塁打で1点を追加したが、けれども反撃は続かない。5回表國學院久我山は1番・齋藤の三塁打や下川邊の二塁打などで一挙6点を入れた。

 準々決勝では初回に3点を失った國學院久我山の渡邉であるが、この日は落ち着いた投球で傷口を広げない。5回裏日大三の攻撃を、3番・富塚の右犠飛による1点に止め試合終了。14対3。まさかの5回コールドになった。

「1、2回で試合が決まってしまいました。矢後は練習では良かったのですが……」と小倉監督。もっとも、矢後が不調の時に、それを補う投手がいないのも事実。今大会好調の3番の富塚などはこの試合では自分の打撃ができなかったが、それでも好選手は揃っている。ただ問題は矢後以外の投手の育成ではないか。

 勝った國學院久我山の尾崎監督は、「試合をうまく運べて良かったです」と語る。昨年の秋は1回戦で大逆転負けを喫したように、國學院久我山は、準優勝したこの夏のチームも、甲子園に行った2年前の夏のチームも、秋や春の大会では、欠点を露呈して敗れている。ところが、この秋のチームは、夏ほどの精度はないものの、バントはしっかり決めるし、基本ができている。「2019年の甲子園を観て入ってきた子たちですから」と尾崎監督。2年前の夏の甲子園出場が、國學院久我山を確実に強くしている。國學院久我山の決勝進出は11年ぶり。優勝すれば1984年以来37年ぶりになる。二松学舎大附の好投手・布施 東海をどう攻略するか。決勝戦としては興味深く、新鮮なカードになった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。