二松学舎大附 エース・布施の代打・岩崎の決勝適時打でライバル対決を制す



7回1失点と試合を作ったエース・布施東海(二松学舎大附)

 この夏の東東京大会と同カード。東東京の両雄の対決は、秋は特に接戦になることが多い。この秋も、点差は5点と開いたが、途中までは延長戦に突入かと思うような熱戦になった。けれども勝利の女神は、勝負に出た二松学舎大附に微笑んだ。

 二松学舎大附の捕手は、2回戦以降は岩崎 遥斗が担っていたが、この試合は押切 康太郎が1回戦以来、スタメンのマスクをかぶった。「バッティングは岩崎の方がいいですが、押切は肩がいいです」と二松学舎大附の市原勝人監督。関東一の足を考えてのスタメン起用だった。

 関東一の先発投手は、一番安定感のある左腕の桝川颯太、二松学舎大附はもちろんエースの布施 東海だ。

 二松学舎大附の布施は、走者を出すと盛んに牽制したり、投球のリズムを変えたりして、関東一の足を警戒する。2回表関東一は一死から俊足の7番・三浦 麟が四球で出塁する。一死だけに三浦は二塁に盗塁をしたが、押切の矢のような送球で刺してアウトにした。関東一の足攻を食い止めただけに、市原監督も、「あれは大きかったですね」と語る。

 序盤は両投手がテンポよく投げ、投手戦の様相を呈した。均衡が破れたのは4回裏だった。一死後二松学舎大附の3番・親富祖 凪人がインコースをうまくたたんで、レフトスタンドに先制アーチを叩き込んだ。

 けれども5回表関東一は、一死後2番・柳瀬冬和が四球で出塁すると、3番・富岡 大阿が左中間を破る二塁打を放つ。俊足の柳瀬は、左中間に飛ぶ打球が放たれた瞬間、迷わず本塁に走り、同点に追いついた。

 両投手ともコントロールがいいだけに、早いカウントから打ちにいき、試合はテンポよく進んだ。