この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

関東一が先発全員安打に足技で修徳に5回コールドの圧勝



関東一・桝川颯太

 下町の私立の強豪対決。この夏の東東京大会では準決勝で対戦し、この時は4対1で関東一が勝っている。近年は関東一が優勢だが、好ゲームになることが多い。けれども今回は一方的な展開になった。

 関東一は左腕の桝川颯太が先発した。桝川が先発するのは1次予選の代表決定戦以来になる。「先発は、昨日の夜言われました。緊張より、楽しみという気持ちの方が大きかったです」と桝川は言う。現在のところ、チームで一番安定した投球をしているのが桝川だ。桝川はそうした期待通り、1回、2回は三者凡退。3回表は安打を1本打たれたものの牽制で刺し、3人で切り抜けている。

 対する修徳は、3回戦に続き身長191センチの長身の1年生、背番号10の篠崎 国忠が先発した。雨が降り続く中で始まった試合。修徳の守備の乱れに、関東一が足でかき回し、2回裏にビッグイニングを作る。この回先頭の5番の秋葉晧介が三失で出塁すると、6番の田野裕真が右前安打。雨で外野の芝が滑りやすい中、右翼手が打球の処理を誤り秋葉は生還、田野は二塁に進んだ。続く7番・三浦麟のバントは内野安打になり、三浦は二盗で二、三塁。これまで3、4番を打っていたが、この試合は8番になった須藤 彪の中前安打で1点追加。9番・桝川のセーフティースクイズが内野安打になり、さらに1点。1番・井坪 陽生が四球の後、2番・柳瀬 冬和の左前安打で2人が生還したうえに、レフトから三塁への送球ミスがあり、井坪も生還してこの回6点目。

 ここで修徳は投手を背番号1の竹澤 尚輝に代えたが、3番・富岡 大阿に二塁打を打たれ、この回大量7点が入った。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています