この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

日大三・村上の中前安打でサヨナラ勝ち!東海大菅生3季連続の甲子園出場ならず



日大三・矢後和也

 昨秋の決勝カードは、予想通りの熱戦になった。

 日大三はエースの矢後 和也東海大菅生は背番号20の日當直喜が先発した。1回裏、日大三の1番・大川 智矢が本塁打を放ち、打ち合いの幕が上がった。

 東海大菅生は3回表、7番・金谷 竜汰の中前安打に敵失が絡んで2点を入れ、逆転する。それでも日大三は5回裏、2番・藤巻一洸の二塁打や4番・浅倉大聖の三塁打などで3点を入れて再度逆転する。東海大菅生は6回表、4番・小池祐吏の二塁打などで1点を返す。

 東海大菅生は6回裏からエースの鈴木 泰成を投入する。しかしこれが誤算だった。この回の先頭打者である日大三の6番・金澤海斗に二塁打を打たれると、7番で途中出場の村上太一に左前安打で一、三塁。8番・寒川 忠のスクイズが内野安打になり1点入り、なお一、二塁。ここから2つの四球があり、押し出しの1点を追加。鈴木は1イニングを投げることなく、降板した。「投げ始めたのが最近なので、不安はありました」と若林弘泰監督は言う。また捕手の福原 聖矢は、「真っ直ぐを狙い打たれました」と語る。日大三は7回裏にも金澤の二塁打と村上の中前安打で1点を追加する。

 これで7-3の4点差。けれどもそれで終わらないのが東海大菅生の底力だ。8回表には5番・酒井成真の3ランで一気に1点差に迫る。

 そして9回表東海大菅生は、安打2本と四球で一死満塁のチャンス。ここで3番・鈴木 悠平の右犠飛で同点に追いつく。それでも、球数が120球を越えている日大三の矢後が踏ん張り、この日3安打と当たっている4番・小池を中飛に打ち取り、同点止まりで切り抜ける。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています