この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

國學院久我山 4人の投手をつないで、逆転で帝京を破る



國學院久我山5番・下川邊隼人

 帝京は1,2回戦完投したエースの高橋 蒼人は、3回戦では2イニングしか投げなかった。準々決勝が終わった後、帝京の金田優哉監督は、「高橋の肩に不安がありました。できれば、試合の後半にというのがゲームプランでした」と語る。先発のマウンドには、二塁手が本業の大塚 智也が立った。

 対する國學院久我山の尾崎直輝監督は、「タイプの違うピッチャーが揃っています。どの子が出ても楽しみです」と、こちらも継投が前提にした投手起用であった。先発のマウンドには背番号19の左腕・渡邊建伸が立った。

 1回表帝京は、1番・小島慎也の左前安打に野選と四球でいきなり無死満塁のチャンス。4番・渡邉礼の右前安打に失策が重なり、帝京が2点を先制。それに2つの四死球で押し出し。けれどもなおも続く一死満塁のチャンスで、8番・鵜飼 陽太は投ゴロで1―2-3の併殺。追加点はならなかった。國學院久我山の尾崎監督は、「あそこはよく3点で収まってくれました」と語る。点を取れるところで取っておかないと、試合の流れは変わる。

 2回裏國學院久我山は、2つの四死球で一死一、二塁とし、8番・橋本 大豊の左前安打に敵失が絡み2人が生還。橋本も三塁に進んだ。さらに1番・齋藤 誠賢の中前安打で同点に追いついた。

 3回裏は、この回先頭の5番・下川邊 隼人が、「低めの球に、思い切りヘッドを走らせました」と語る打球は、レフトフェンス直撃のあわや本塁打という当たりの二塁打になる。7番・吉川 侑杜の右前安打に、内野ゴロで1点を入れて國學院久我山が逆転する。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています