この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

夏準V・國學院久我山が快勝で8強 夏経験メンバーが牽引中



ホームランを放った國學院久我山5番・下川邉 隼人

 ベスト8進出をかけた國學院久我山都立日野台。今夏の西東京大会準優勝を経験するメンバーが残る國學院久我山と、下級生の多い都立日野台。対照的なチーム同士だが、2回まではスコアボードに0が並んだ。

 どちらもまず先取点が欲しいなかで、3回に國學院久我山は三塁打で出塁した1番・齋藤 誠賢を2番・木津 寿哉の内野安打で生還させると、一死二、三塁から5番・下川邉 隼人に一発が飛び出して4対0と主導権を握った。

 さらに4回にも3番・上田 太陽のタイムリーに加えて相手のミスが絡むなど3点を追加して7対0。5回にも2番・木津が二塁打を放つなど9対0として試合を決めた。

 先発した背番号11・成田 陸は打たせて取る投球で、リズムを作ると、最後は6回からマウンドに上がった大型左腕・渡邉 建伸が抑えてゲームセット。7回コールドで國學院久我山がベスト8入りを果たした。

 打者一巡した3回に入って、都立日野台の先発・林 慈央を一気に捉えた國學院久我山。「どんな投手なのか、思い描いたイメージとの違いがある中で、前の打者の攻め方なども見ながら考えて出来たことで、捉えられたのではないでしょうか」と尾崎監督は分析する。

 実際、ホームランを打った下川邉に話を聞くと、「今年は修正をかけられる選手が多く、調子を考えて動ける」と選手目線で見ても、考えて動けることを肌で感じている。

 この試合でも「高めのストレートが多いイメージだったので、まずはそこを見極める」というのが都立日野台・林が当初持っていた印象だったが、1番・齋藤の配球を見て、「変化球を狙い球に絞ろう」と対応策を講じた。

 結果的に1巡目から捉えることは出来なかったが、イメージと現実をすり合わせて修正し、2巡目では攻略に至った。尾崎監督にとって「修正力の高いチームが強い」と考えているそうだが、この試合に関して言えば、試合中に上手く立て直して相手投手を攻略してみせた。チームとして結果以上に勝ちのある勝利だったと言えるだろう。

 次戦は東東京の強敵・帝京だ。この山を越えて準決勝、神宮への切符を掴めるか注目したい。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています