この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

帝京が昨年のリベンジ!宿敵・都立小山台に逆転勝利で8強



ホームランを放った帝京4番・渡邊 礼

 近年、実現することの多い両チームの対戦。しかも、今からちょうど1年前に同じく駒沢球場で対戦しており、その時は都立小山台が10対0で勝利したことで大きな話題となった。

 運命めいた一戦は、都立小山台5番・岩佐 悠斗が初回にタイムリーを放ち、1点を先制したところから始まった。

 幸先よく援護点をもらった都立小山台の先発・松川 侑聖は、変化球を巧みに使いながら低めにボールを集めて初回、2回と打者3人で抑える好投。打者一巡した3回に失点をしたものの、粘りの投球で4回まで1失点にまとめる。

 ただ5回、リベンジに燃える帝京は3巡目に入ると、松川を捉える。5回に3番・戸田 和人が二死二、三塁からレフト線へのタイムリーで勝ち越すと、7回には4番・渡邊 礼のダメ押しのホームランで試合を決めた。

 先発・大塚 智也安藤 翔と繋いで、8回からマウンドに上がったエース・高橋 蒼人が最後を締めてゲームセット。帝京都立小山台を6対2で下した。

 中盤の攻防で主導権を握った帝京。旧チームから経験を積む背番号4・大塚は、投手としては都立小山台打線に捉えられるシーンが多かったが、バッティングはインパクトを残した。

 構え方だけを見ると、肩の高さに合わせてバットを持って脱力した状態でボールを待つ。テイクバックもあまりとらないので、癖が少ないスマートな立ち方をしているが、鋭い回転でボールを捉えて飛ばしていく。ボールに対して強くインパクト出来ており、長距離砲という印象が強いスラッガー気質の打者だった。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています