この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

東海大菅生、初回の猛攻で堀越を圧倒



東海大菅生4番・小池 祐吏

 堀越はかつてセンバツで準優勝したり、4強に進出したりと、全国レベルの強豪だった。「うちの子たちは、堀越の輝きを取り戻そうと、一生懸命やっています」と小田川雅彦監督は言う。ただ、今大会も優勝候補の筆頭である東海大菅生の壁は厚かった。

 堀越はエースの左腕・佐藤虎ノ介が先発したが、1回裏に東海大菅生の1番・小山 凌暉の中前安打、2番・福原 聖矢の四球、3番・鈴木 悠平の三塁打であっさり2点を先制されたのに続き、4番・小池 祐吏の二塁打、7番・金谷 竜汰の右前安打などでさらに2点を追加する。堀越は2回途中から背番号10の加藤宇に交代したが、この回東海大菅生は3番・鈴木 悠平の中前適時打などで、さらに1点を追加する。

 東海大菅生は身長190センチの大型1年生・日當直喜が先発した。日當は長身を生かした重い球を投げる。堀越は、2回表には無死から2人の走者が出たものの、バントのサインで走者が飛び出し、刺されるなど、チャンスが広がらない。それでも3回表は一死二塁から1番・田苗祥大の二塁打で1点を返す。

 この試合の日當について東海大菅生の若林弘泰監督は、「マメができて、持っている力の5割くらいしか出ていませんでした」と語る。5割の状況であれだけの投球をすることを考えれば、10割ならどうなるのか、無限の可能性を感じさせる投球であった。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています