この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています



八王子・星野 翔太

 星野は5回、6回を無失点で抑えたものの、安定感がない。7回表この回先頭の7番・金澤 海斗を歩かせ、続く8番・寒川忠の初球がボールになったところで星野から、篠田海斗に交代した。それにしても、春は堂々とした投球をしていた星野の投球が、どうしてここまで乱れたのか。「速い球を投げたいという思いが力みになって、体が突っ込んでいる」と安藤監督は語る。故障が多かったとはいえ、前のエースの羽田は、プロから指名されるほど、威力のある速球を投げていた。それを近くで見ていれば、より速い球を投げたいという欲求があるのは当然だ。けれども、その意欲のために、すっかりバランスを崩したようだ。

 星野から代わった篠田も続けて四球で歩かせ、満塁となり、2番・藤巻にも四球でまず押し出し。なおも続く満塁の場面で、日大三で最も頼りになる3番の富塚 隼介がセンターオーバーの三塁打を放ち、満塁の走者を一掃し、試合を決めた。富塚も浅倉 大聖の中犠飛で還りこの回一挙5点が入った。

 日大三は9回表にも富塚の中前適時打で1点を追加した。日大三の矢後は大量リードにも守られ、落ち着いた投球をする。日大三のような強豪は、9回まで試合をすることが少ない。そのため、矢後はまだ、9回を投げての完封は経験していなかったという。8回まで失点を許さず、9回も二死。ここで矢後は続けて安打2本を打たれ、四球も出して満塁となった。「力みがありました」と矢後は言う。ここで八王子の代打・古川陸がレフトに痛烈な打球。これを守備固めで入っていた村上 太一が好捕して試合は終わった。矢後は9回を投げての完封は初めてだという。

 7-0と日大三の圧勝だったが、安打は4本しか打たれていない。ただ四死球11はあまりに多かった。それでも八王子は、片山、星野が本来の状況に戻れば、十分戦える力はある。

 一方、勝った日大三の小倉全由監督は、「塁に出てくれればと思っていたので、四球も安打と同じだと思っています。ただ4安打というのは少なすぎました」と語る。次は東海大菅生との対戦になる。昨年の秋は決勝戦で敗れている。次は大一番だ。

(記事=大島 裕史)