この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

関東一、後半に底力!一時は2-7でリードされるも、7回集中打で逆転



関東一・井坪陽生

 都立城東は1番打者が背番号9ながら投手の藤森晴久、関東一は背番号8の投手・井坪 陽生と、両チーム外野が本職の投手が1番打者という珍しい対戦になった。

 下町の私立と都立の強豪対決。「気合が入りました」と城東先発の藤森は言う。横手から丁寧な投球で関東一を抑える。一方関東一の井坪は、「なかなかストライクが入りませんでした」と言うように、苦しい投球。

 3回表城東は2本の安打と四球で一死満塁とし、5番・佐久間飛向の内野安打で1点を先制した。さらに6番・高垣学の右前適時打と、7番・渡邊匠の左犠飛で2点を追加した。

 その裏関東一は一死満塁のチャンスをつかんだが、3番・富岡大阿の左犠飛による1点だけだった。4回裏も敵失で得たチャンスを7番・秋葉晧介の中前安打で還したが、なおも続くチャンスを併殺で潰すなどして、追いつけない。

 関東一は3回途中からエースの成井颯を投入したが、米澤貴光監督は「調子を落としているので、今回は使いたくありませんでした」と言う。その言葉通り、この試合の成井は、2回戦の早稲田実業戦のような安定感はない。

 6回表城東は一死一三塁から2番・茂木諒太がスクイズ。成井がホームにトスしたが、捕手がベースを塞いだとして走塁妨害を取られ、安田学園は1点を追加した。やや厳しい判定のようにも思えたが、米澤監督は、「審判の判断。普段から一角は空けるように言っていますが、妨害を取られたことは、受け止めないといけません」と語った。とはいえこの得点は大きく、さらに続くチャンスで3番・金田将弥の三塁打で2点を追加。続けて5番・佐久間の右前適時打で金田も還り、城東が5点リードした。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています