この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

帝京・高橋 抜群の安定感で被安打2,奪三振8の完封で駒場学園を破る



帝京・高橋蒼人

 1回戦は都立片倉を8-5で破り、打撃好調の駒場学園に、帝京の好投手・高橋 蒼人が立ちはだかった試合になった。

 駒場学園の先発はエースの左腕・佐藤夏月。1回裏二死後、帝京の3番・戸田 和人の内野安打と、4番・渡邊 礼のライトオーバーの二塁打で1点を失ったものの、この試合では、野手の好守も含め、粘りの投球が光った。

 2回裏はこの回先頭の徳永 旺典に二塁打を打たれたが、遊撃手の好守もあり、この回は得点を与えない。しかし3回裏は失策から1点を失った。それでも、5回が終わって、2-0。駒場学園の健闘が目立つ展開になった。「相手の投手が良かったです。焦ることなく戦えました」と、帝京の金田優哉監督は言う。

 帝京の戦いに安定感をもたらしたのは、エース・高橋 蒼人の好投だ。1回表に3番・深井優滋に、3回表に8番の福井悠太に安打を打たれた以外は、駒場学園打線を完全に抑えた。駒場学園の先発・佐藤も、相手の高橋について「ボールの伸びとか、キレがすごかったです」と語っている。また帝京の金田監督は、「1回戦は投げ急ぐ部分がありましたが、1週間でうまく修正できています」と語る。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています