この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

力勝負でねじ伏せた國學院久我山・成田が、7回3失点で白星けん引



國學院久我山先発・成田 陸

 今夏、西東京大会で準優勝を果たした國學院久我山。経験者も残り、今年のチームも注目が集まっている。共栄学園は投手層の厚さで勝ち抜いてきたが、國學院久我山が攻略して3回戦に勝ち進んだ。

 國學院久我山の先発は背番号11を付けた成田 陸。立ち上がりに3番・茂呂 潤乃介を真っすぐで見逃し三振に斬って取るなど三者凡退で幸先よくスタートを切った。

2回以降は先頭バッターを出しながらも、要所を締める投球で粘り強く援護を待つ成田。4回に6番・関口 優作のスクイズで共栄学園に先制点を与えたものの、直後の攻撃で9番・大野 良太が二死満塁から走者一掃三塁打。これで勝ち越しに成功して國學院久我山が主導権を握った。

 その後も点数を重ねてリードを広げて援護を受けた成田だったが、6回に2点を奪われるなど3点差に詰め寄られ、7回も一死満塁とピンチを招く。長打が出れば同点の場面だったが、共栄学園6番・関口を三振。7番・池田 恵徳をストレートで押し込みレフトフライと、ピンチを脱して試合を決めた。

 6対3で勝利して3回戦進出を果たした國學院久我山は、4番・ピッチャーで先発した成田の活躍が目立った。
 肘を前に出しつつ、腕を柔らかく使ってしなるように振り切る。がっちりとした下半身の力も使いながら力強くリリースするフォームからは、最速135キロを計測する。

 また武器の真っすぐからはスピードだけでなく、ボールの伸びも感じられた。「監督からも信頼をされている部分です」と質の高さは自他ともにストロングポイントにしている部分だった。

 普段のキャッチボールから意識して培ってきたストレートを中心に共栄学園を抑えたが、特に7回は勝負どころで真っすぐを投じ、力でねじ伏せた。この投手が控えであるから、少し驚きであると同時に、國學院久我山にとっては心強い存在だ。3回戦以降も厳しい試合が予想されるだけに、今後の投球に注目だ。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています