この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

日大三、駿台学園・川島の遅球にてこずるも、後半底力を発揮し8回コールド



日大三 矢後和也

 駿台学園は夏のメンバーがほとんど残り、実戦経験は豊富だ。けれども、日大三との力の差は否めない。それでも、駿台学園の三角裕監督は、元東大監督。格上との戦い方は心得ている。駿台学園の本来のエースは右腕の桑島天。「オーソドックスなピッチャーです。1ランク上の相手には、一番合うと思います」と三角監督。そこで先発のマウンドに送ったのは、1年生の左腕・川島誠矢だ。川島は日大三の強力打線相手に、「どこに投げても打たれるような気がして、緊張しました」と語る。

 それでも、遅い球を丁寧に投げて、1回裏は日大三の1,2番を打ち取る。それでも、「大きい当たりは、いらない。引きつけて打つことを意識しました」と言う3番の強打者・富塚隼介は、しっかり引きつけて三塁打を放つ。得点にはつながらなかったが、打ち方の手本は示した。

 2回裏は一死一塁から7番・金澤海斗の二塁打と、8番・寒川 忠の中犠飛で日大三が1点を先制する。3回裏も2番・藤巻一洸の三塁打と4番・浅倉大聖の右犠飛で1点を追加する。それでも、浅倉の打球は長打性の打球であり、駿台学園の右翼手・小野寺快の好捕が光った。

 駿台学園打線は日大三のエース・矢後 和也の球威に、1回、2回は手も足も出ないという感じだったが、3回表は2安打と当たり出すと、4回表には3番・小林優斗の二塁打に、6番・石川友晴の右前安打で1点を返す。4回が終わって2-1。日大三がリードしているものの、駿台学園の健闘が光る展開だ。

 遅い球で根気強く投げていた駿台学園の川島であるが、日大三打線も3巡目となると合ってくる。5回裏日大三は、3番・富塚の左前安打や5番・川崎広翔の二塁打などで3点を挙げる。

 駿台学園も7回表、5回途中から登板している9番・八木陽斗の左中間安打などで1点を返したものの、8回裏日大三は、3番・富塚の二塁打、4番・浅倉の三塁打などで一挙4点を挙げて9-2,8回コールドが成立した。

 駿台学園は、「まともに行っては厳しい」と考えた三角監督の采配で、途中までは互角の試合をした。それは東京六大学野球での東大の戦いをみているようであり、興味深かった。途中までの善戦は、このチームの財産になるに違いない。先発の川島は、「まだコントロールが良くないです」と課題を挙げた。三角監督によれば、1年生は野球が好きな子が多いという。今後が楽しみなチームだ。

 勝った日大三は、3番の富塚が4打数4安打と当たっているほか、4番・浅倉、5番・川崎といった中軸にも当たりが出た。「富塚が中心になってやってくれました」と日大三の小倉全由監督は言う。コロナの影響で夏場に十分な打ち込みができなかったようだが、徐々にエンジンがかかってきた。3回戦の相手は八王子。今の状況なら打ち合いになるか?

(記事=大島 裕史)