この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

城東が、序盤の鮮やかな攻撃で東京を下してベスト16



城東・藤森晴久君

 1回戦で、シード校の東亜学園を下して進出してきた東京。その力は、ある程度は高いと評価されていいであろう。対する都立城東も、一次予選の初戦で日大豊山に競り勝ち、代表決定戦でも実践学園という難敵にコールド勝ちしてきた。1999年と2001年の甲子園出場以来、伝統といってもいい打線は、この秋のチームもある程度は自信を持っているといっていいのではないだろうか。

 序盤の都立城東打線は、そんなことを十分に匂わせるような逞しさだった。

 初回、都立城東は1番投手の藤森が安打で出て勢いづける。一死一塁となった後、金田の右前打で一、三塁として、すかさず盗塁で二、三塁とする。ここで4番茂木はスクイズを決めて先制点。さらに5番佐久間が中越え二塁打して2点目を追加した。

 3回にも都立城東は、一死後2番渡邊が二塁打で出ると、続く金田が左前打で一、三塁として、その後盗塁で初回と同じような場面を作る。そこで、今度は茂木が右犠飛を放って追加点を挙げる。さらに佐久間も中前打で4点目を追加した。ここまでの都立城東打線は、積極的に振って行っていて、「甘い球は見逃さないぞ」という気迫は十分だった。

 その裏に、東京も二死二塁から3番中武の右翼線二塁打で1点を返すものの、そこまでだった。

 都立城東は、藤森が5回まで投げると、6回からは北がリリーフ。北は6、7回を3人で退けるなど好リリーフだった。9回こそ、先頭に四球を与えて、二死一、三塁という状況にもなったが、そこもしっかりと打たせて取った。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています