この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

甲子園帰りの二松学舎大附が貫録で早大学院に圧勝



5回を1失点だった、二松学舎・布施

 この夏に3年ぶり4度目の夏の甲子園出場を果たした二松学舎大附。今夏は、天候がよくなくて大会そのものの順延が相次いだということもあって、二松学舎大附は思わぬ長滞在となり、甲子園で京都国際との3回戦を戦った後、わずか5日後には新チームの秋季大会の登録メンバー提出というハードスケジュールになった。新チームそのものも、ほとんどぶっつけ本番に近い形で一次予選を戦うことになった。それでも、しっかりと結果を出してきて、本大会でも勝ち上がってきたのはさすがである。

 対する早大学院は、このところは本大会の常連校となっており、木田 茂監督の尽力もあって、ある程度は野球の能力も評価して貰えて、難関校ながら入学クリアとしていかれる要素も出来ているという。そんな早大学院二松学舎大附にどんな戦いを挑むのかということにも興味深かった。

 プレーボール当初は細かい雨が降っているという状態でもあった。それでも、雨を気にすることなくまずは二松学舎大附の布施は、あっさりと三人で抑えていった。独特の左腕からの大きなカーブが有効だなという印象だった。かつてはドロップという言い方をされていたような球である。

 そしてその裏、二松学舎大附早大学院の先発高島を攻めて、藤岡の安打と柴田のバント安打に四球で無死満塁として、4番の瀬谷が中犠飛を放ち先制。さらに一死二、三塁から大矢も左前打で2者がかえって3点目。ここで早大学院木田監督は早くも高島を諦めて、2人目として岡村を投入。その岡村に対しても7番岩崎が二塁打して、この回4点で二松学舎大附が主導権を握った。

 2回にも二松学舎大附は菊池の二塁打とスクイズでさらに1点を追加する。

 それでも、早大学院もスイングは強く、3回には一死一塁から舟橋の左越え二塁打で1点を返して気を吐く。4回にも、5番佐藤寛也の2本目の二塁打などでチャンスを作ったものの、要所では布施の「打たせて抑えていこう」という投球にかわされた。

 二松学舎大附はその裏、打者10人で、4番瀬谷の中越え二塁打などで5点を加えた。5回には無死満塁から暴投で10点差となり、コールドゲームが成立した。布施は、「カーブでカウントを整えてリズムのいい投球をしていこうと心掛けた」という投球だったが、少し甘いとスイングの力のある早大学院打者に捉えられて二塁打を3本浴びた。このあたりは、次へ向けての修正ポイントかもしれない。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています