この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

投手陣の踏ん張り光った日大三、打線は伸びしろに期待



日大三先発・安田 虎汰郎

 ブロック予選では強力打線で都大会出場を決めた日大三。その打線がどれだけ都大会でも発揮するか注目されたが、立志舎戦で目立ったのは投手陣だった。

 先発は1年生右腕・安田 虎汰郎。立ち上がりに立志舎1番・長谷 桂悟と3番・小野 颯柊にヒットを許し、一死一、二塁。いきなりピンチを招くことになったが、ここは連続三振でピンチを脱し、まずは無失点で立ちあがる。

 直後、6番・森山 太陽の一打で2点を奪うと、2回からは安田が落ち着いた投球で、立志舎のスコアボードに0を並べていく。

 一方の打線は4回に3番・富塚 隼介が一死満塁からタイムリーをレフトへ放つなど、一挙4得点。6対0とリードを広げると、6回から2番手・矢後 和也が登板。反撃に転じたい立志舎打線をしっかりと抑えると、6回に5番・川崎 広翔の一打などで8対0と勝負あり。7回コールドで立志舎を下した。

 7回コールド勝ちではあるものの、四死球11個と相手投手の制球が乱れを、ヒット7本で得点に結びつける。もらったチャンスを活かすような試合展開となった。予選で見せたような攻撃力は2回戦以降の楽しみになったが、投手陣は光るものを見せていた。

 まず先発した背番号19の安田。大きいモーションで特徴的だが、上手く腕を畳んで早めにトップを作ると、着地に合わせて鋭く腰を回転させる。これに合わせて力強く振り下ろした右腕からは、回転数の多そうな質の良い、伸びのある真っすぐを投げ込む。

 変化球は縦に曲がるスライダー系のボールを投げていた。初回はこれを当てられて外野まで運ばれたが、勢いある真っすぐを軸に空振りを奪う投球には爽快感があった。

 その安田とは少し違い、迫力のある真っすぐが光ったエース・矢後は、2回を投げて無失点。がっちりとした下半身の力を存分に活かしてボールの威力で勝負をしていたが、変化球も落差の大きいスライダー系のボールを投げており、三振が奪えるタイプの投手ではないだろうか。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています