この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

市橋主将の公式戦初アーチなどで八王子が競り勝つ



ホームランを打った八王子3番・市橋 優大主将

 八王子創価。西東京を代表する名門校同士が早くも1回戦で激突。八王子星野 翔太創価杉江 敏希と下級生から実戦経験を積むエース同士を擁するだけに、投手戦が予想されたが、ふたを開けると、試合内容は正反対の結果になった。

 初回、先攻の八王子が1番・手島 英雄と2番・鷲山 悠太の連続ヒットで創価先発・大野 巧成を攻める。すると、4番・星野のタイムリーに押し出しなどで一挙4得点。猛攻で試合の主導権を握った。

 その裏の攻撃で1点、3回には創価3番・狩野 太希、4番・小原 快斗の連続タイムリーで3失点。一時2点差まで詰め寄られたが、6回には3番・市橋 優大のホームランで八王子は2点を追加した。

 八王子は3回途中から登板したエース・星野が8回に失点を重ねるなど、終盤に創価打線に捉えられ、苦しい試合展開を強いられる。それでも、9回にダメ押しの1点を追加。これで試合を決めた八王子が、9回12安打で創価を打ち破り、10対9で勝利した。

何とか勝利した八王子は、1~3番に座る3人が打線を牽引していた。
 1番・手島は隙の少ない構え方で打席に立つと、小さく足を上げてボールを呼び込む。目線のブレを減らしてボールを見極めたうえで、鋭いレベルスイングでボールを捉えていく。ミートも力強く、リードオフマンとしては非常に頼りがいのある選手だ。

 2番・鷲山は、身体の近くでバットをもって、コンパクトなスイングで確実にボールを捉えるアベレージヒッター。そして3番・市橋はミートポイントを手元にしてボールを見極めつつ、最短距離で上からバットを振れるのが印象的なスラッガーだ。

 2回には左中間へ長打、6回にはライトポール際へ飛び込むホームランを放つなど、広角に長打を打てるパワーもある。3人の中では最も警戒しなければならない好打者である。

 あと二塁打が出ればサイクル安打達成まで来ていた市橋はホームランに関して、「インコース高めの真っすぐでしたが、体が反応してすんなりバットが出てくれました」と打席の内容を振り返る。

 公式戦では初めてとなるホームランなどで活躍を見せた市橋だが、ここまでは苦労を重ねた。

 「夏の大会では全然打てなかったんですが、主将にもなりましたので、『自分が打たないと勝てない』と思ってひたすら練習をやりました。でも何をやってもなかなか結果が出ずに、ストレスが溜まっていました。
 けど、冷静になってみると、スイングは遅いしバットは出てこない。この理由を鏡や動画で見て考えてみると、肩が開いてしまって外のボールが見えていないし、バットが出ないことに気が付きました。そこであらかじめ肩を少し入れて、軸足にも重心を乗せて、コンパクトな構えで、後は振りだすだけのフォームに変えました」

 今のフォームは試合の2、3日前にハマり始めたものだとのこと。それだけギリギリまで試行錯誤を重ねて都大会に臨んだ。「夏は不安を抱えたまま大会に入って結果が出なかったので、秋はないようにしよう」と旧チームからの反省があるからこそ試行錯誤を重ねたが、最高の形で結果を残した。

 次戦は再び西東京の強豪・国士舘との対決。ここも勝って勢いに乗ることが出来るか注目だ。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています