この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

共栄学園 3人の投手による被安打4の完封リレーで工学院大附を破る



共栄学園・茂呂潤乃介

 この秋の1次予選で、日大二に続き東海大高輪台も破り都大会に進出した工学院大附は、注目のチームだ。一方共栄学園は、夏は東野雄志という好投手がいたが、秋はどうなのか?「ひと冬超えないと、140キロを超える投手は作れません」と、投手出身の原田健輔監督は言う。

 共栄学園の先発は背番号9の1年生左腕・茂呂潤乃介だ。「雑になってヒットを打たれることがありました」と言う茂呂は、帽子のひさしに「丁寧」と書き、その通り、丁寧な投球で工学院大附を抑える。

 工学院大附は背番号1の山岸生真が先発。1回裏共栄学園は1番・後藤大翔の内野安打と敵失で出た走者を、1年生の4番・横田優生が左中間を破る二塁打で還し2点を先制した。2回裏は、二塁打の池田恵徳を、犠打と9番・大沼侑弥のスクイズで還し1点追加。

 4回裏には二塁打の関口優作が犠打で三塁に進み、8番・嶋村大翔の叩きつけるような打ち方の二ゴロで生還した。共栄学園の長打は3本。この3本が全て得点に結びつき、効果的に得点を挙げた。



工学院大附・山岸生真

 共栄学園は茂呂が6回まで投げて被安打1の無失点。その後も、池田、渡邊俊太とつなぎ、3人合わせても被安打は4。特に上位打線を完全に抑えたことが大きかった。ピンチといえば7回表に工学院大附の8番・小久保冬吾の二塁打などで二死満塁の場面があったが、1番・藤原大衡を左飛に抑え得点を許さなかった。

 4対0で共栄学園の勝利。日大二東海大高輪台を連破した工学院大附の秋の戦いは、ややあっけなく終わった。「もともと力のあるチームではありませんが、持てる力を出せませんでした」と雨宮啓太監督は言う。

 工学院大附は西東京の球場で試合をすることが多いが、都営駒沢球場の雰囲気にやや飲まれたようだ。それでも、強豪を破った事実は動かない。1次予選の自信と都大会の反省を生かし、春以降の活躍を期待したい。

 勝った共栄学園は、2回戦で夏の西東京大会準優勝の國學院久我山と対戦する。試合が終わった時点では、次の相手が國學院久我山か日体大荏原か分からなかったので、原田監督は、「どちらが来ても格上。目の前のプレーに集中したい」と語った。國學院久我山の打線と共栄学園の投手陣の対戦になりそうだ。好勝負を期待したい。

(記事=大島 裕史)

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています