この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

中盤の点の取り合いでリードした駒場学園が片倉を下す



5失点はしたものの、最後まで投げ切った駒場学園の佐藤君

 一次ブロック予選の代表決定戦では、私学の中堅強豪校の東京実に対して、打線が一気に爆発してコールド勝ちで退けて都大会出場を果たした都立片倉。近年は力が安定している都立の有力校で、チーム力としては、しっかりとしているぞという印象は十分に与えてくれた。これに対する駒場学園も、私学中堅校ではあるが、決して安易に勝てる相手ではないということは十分承知であろう。

 そんな両校の対決となり、5点前後をめぐる戦いとなる、好試合が期待された。

 3回、まずはお互いに同じような形で点を奪い合う。1番からの都立片倉は麻野が四球で出ると、続く松永とのエンドランが決まって一、三塁。湯地の二塁ゴロが併殺崩れとなる間に三走がかえって先制する。しかしその裏、駒場学園も一死一、三塁となって、3番深井の二塁ゴロの間に三走がかえって同点とする。なおも二死三塁となったところで、捕逸があって駒場学園は逆転となった。

 ところが、都立片倉も勢いがあり、一死一、二塁からバントで二死二、三塁とすると、1番麻野も四球で満塁。ここで2番松永が追い込まれながらも粘って、巧みに二塁手の頭上を破っていく好打で2者をかえす。なおも中継の球もそれるなどでもう1人かえって一気に3点が入った。これで、試合の流れ的には、都立片倉に傾いていったのかなとも思わせた。

 しかし、駒場学園もしっかりと食い下がっていた。ことに、5回終了後のグラウンド整備で試合展開としては後半戦に入っていくというところで、そのイニングを佐藤はスイスイと3つの飛球で三者凡退で抑えてその裏の味方の攻撃へつなぐ。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています