この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

しっかりと“感情のコントロール”をした日野台が専大附に完封勝利



最後まで自分の投球で完封した日野台・林君

 先週末から始まった秋季東京都大会。この日までは1回戦が続くという日程である。多摩一本杉球場では、専修大附と都立でこのところは都大会の本大会進出も多い都立日野台の対戦となった。都立日野台は今秋も一次予選の代表決定戦では、私学の難敵とも言える昭和一学園と延長戦の末に、競り勝った。都立南平から異動して4年目の畠中陽一監督は、「あの試合で、ここまで粘れるんだということで自信になったと思う」と、苦しい戦いを凌いできたことで、ある程度のこのチームに対しての感触は得ていたようだ。

 お互いに東京都の本大会初戦ということになるが、初回はともに走者を出しつつも、それほどの緊張感はなく、いい入りだったのではないかと思わせるスタートだったかと思われた。しかし、都立日野台の先発林は、「ブルペンでは調子がいいかなと思ったんですけれども、いざ試合のマウンドに立ったら、あまり調子は良くないなと思った」ということで、本来はストレートで押したかったところを一番自信があるというツーシームをメインとした変化球でカウントを整えていく組み立てにしたという。

 先制したのは日野台で、1番からの打順となった3回に一死から2番森が四球で出るとすぐに二塁盗塁。二死となったが、4番佐藤悠真が左前へはじき返してこれが先制タイムリー打となった。

 さらに4回にも日野台は、一死から7番近藤が失策で出ると、8番矢ケ崎が右中間へ二塁打して二、三塁。続く関根は丁寧にスクイズを決めて2点目となり、自身も生きた。四球などもあって二死満塁となったところで、専修大附の岩渕一孝監督は、早くも先発齋藤遥仁と右翼手の花輪とを入れ替えた。花輪は急遽の登板となったが、そこを狙い打ったかのように3番に入っていた林が中前打して2者をかえした。

 林は自身で自分を援護するタイムリー打で、以降の投球を楽にした。走者も出すものの、要所はしっかりと抑えていく投球だった。専大附としては、なかなか反撃の糸口もつかめないままズルズルと9回まで行ってしまった。林は、自分自身ではあまり調子がよくと思いながらも、投球を工夫していったということも功を奏したといっていいであろう。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています